AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2006年02月24日(金)

OCEANS 4月号(創刊号) 連載#1 [OCEANS掲載記事]

画像(180x244)・拡大画像(400x544)

King of Elegance

マエストロ赤峰の
「これ見よがしじゃない見よがし方」



ストライプの粋と野暮


洒落る、ことの意味を、最近間違えている人が多くないだろうか。もともと洒落るとは、あっさりしたもの。控えめななかの気の利いた端正さを意味するものだったのに、いつの間にか“これ見よがし”に格好を付け、勘違いしている人をよく見かける。ストライプスーツを例にとってみても然り。ギラギラした光沢素材や、くっきり、はっきりストライプは確かに目立つ。が、「どうだ見てくれ!」と言わんばかりのスーツは野暮というもの。お世辞にもエレガントとは言えない。そこで、もう一度基本に帰ってエレガントなストライプスーツの着こなしについて、考えてみてほしい。

まず、ストライプの線は、(注1)縞が立てばいいというものじゃなく、ほど良い太さと控えめな立ち具合が、品がある。素材はギラついた光沢素材よりも、ナチュラルな光沢のある上質素材であるのが好ましい。そしてこだわってほしいのが、ネイビーの生地色。ひと口にネイビーといっても、明るさ、トーンにはいろいろあるものだ。例えば、私が今日着ているスーツ(写真下)は、(注2)英国ドーメルの生地だが、少しブラウンがかったソフトな印象のネイビーになっている。遠目にはごく当たり前のストライプのようで、間近で見たときに“ちょっと違う”ニュアンスが伝わることこそ、粋といえるんじゃないだろうか。私が(注3)英国素材に傾倒するのも、そんな“粋な味わい”を楽しみたいがゆえ。上質な素材とは何か、ということをちゃんと心得ておきたい。そして、もちろんフィッティングにもこだわって、最上のシルエットを生み出すことも本当の“洒落”のひとつ。

最後に。ストライプはクラシックスーツの基本だが、クラシックとは流行りのものじゃなく、普遍的なスタイルなのだ。そこをはき違えていると、“これ見よがし”になってしまう。もともとストライプは、地味じゃないが、派手でもない。粋に、こなすにはまず、やりすぎに注意して“地味派手”にやるのがいい。

(注1) 「縞が立つ」
ストライプがはっきりしていること。その度合い。日本の伝統的ストライプ、浴衣の縞柄を語るときにも使われる言葉。


(注2) 「英国ドーメルの生地」
1842年に創業された老舗生地メーカー。打ち込みのいい、がっしりした風合いの生地は、クラシックスーツ界では高く評価されている。


(注3) 「英国素材」
しっとりしたイタリア素材に比べ、ざっくりとしてドライな風合い。目の詰まった打ち込みのいい生地は、保形性にも優れている。

 



画像(180x246)・拡大画像(400x547)

下心がギラついた“これ見よがし”スタイル

ストライプの縞が立ちすぎた、くっきり、はっきりストライプは下品。モードっぽいナローラペルも、マエストロ的にはエレガントじゃない。それにこの目立ちすぎるピンクのタイは、なんとも品がない。モテようとして、下心をギラギラさせているのが目に見えるようだ。これ見よがしな、ギラついた派手なタイは、恥ずかしいと心得よ。チーフも、ビジネスでは折り目正しく添えたほうがエレガント。

画像(180x283)・拡大画像(400x630)

こだわれば、控えめな端正さのエレガントスタイル」

マエストロ赤峰が着ているのは、英国ドーメルの生地で仕立てたストライプスーツ。少しブラウンがかったネイビーの素材感が、なんともエレガント。ストライプの縞は、目立ちすぎないあいまいな立ち具合で、これがまた品良く見える。チーフは折り目正しいTVフォールドで、胸元にも端正さを。タイ(アイネックス提供)は小花柄で、ここにも茶が入っているので、スーツになじんでヘンに浮かない。

Posted by インコントロ STAFF at 00時00分

コメント

[ 内容チェック中 ]

2011年12月29日 23時46分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2006


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

PHOTO

OCEANS 1月号 連載#10

OCEANS 1月号 連載#10

朝日新聞be on Saturday " 赤峰幸生の男の流儀 『緩みがちな時代に』 2013年5月25日(土)掲載"

朝日新聞be on Saturday " 赤峰幸生の男の流儀 『緩みがちな時代に』 2013年5月25日(土)掲載"

朝日新聞be on Saturday『赤峰幸生の男の流儀‘暑い夏は肌感覚で素材を吟味’』2012年6月23日(土)掲載

朝日新聞be on Saturday『赤峰幸生の男の流儀‘暑い夏は肌感覚で素材を吟味’』2012年6月23日(土)掲載

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.