AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2008年01月24日(木)

OCEANS 3月号連載 AKAMINE STYLE 目覚めよ、日本の男たち! [OCEANS掲載記事]

画像(139x180)・拡大画像(312x404)

マエストロ赤峰の「オトナ相談室」
仕事、家庭、子育て、そして愛・・・・などなど。
30〜40代のオーシャンズ世代にもなれば、少なからず何かしら悩みのタネは持っているもの。
そんな皆様「の“駆け込み寺”として開設されたのが、このオトナ相談室。
皆さんの質問にお答えするのは、“人生のマエストロ”こと赤峰幸生氏。
今月も痛快なご意見で迷えるオーシャンズ読者に、救いの手を差し伸べてくれるハズ!
では皆さん、ご一緒に!教えてっ、マエストロ!


今月のテーマ
“男のお洒落”

[今月の質問]
結婚してから5年経ち、1歳になる長男がいます。仕事、私生活ともに大きな問題はなく、平穏な暮らしに満足しています。しかし、どうも最近、自分が枯れてきているように思うのです。結婚して間もないころまではファッションが好きで、流行も気にかけていました。ところが、今ではいつも同じスーツ、家ではジャージ……。服はたくさん持っていると思うのですが、何を着てよいのかわからなくなってきました。お洒落をして妻以外の女性にモたいというわけではないのですが。男のお洒落について、アドバイスをお願いします!(33歳・品川区在住・公務員T・S)


Q.このような内容の相談がとにかくたくさん寄せられています。まず、男にとって流行との付き合い方を教えてください!?
 そのようなことで悩む大人の男がそんなにいるのか……。怒りを通り越して、呆れて果ててしまう。日本人は服に金を使うことは得意だが、買い物が下手すぎる。なぜだと思う? それは流行という言葉に踊らされているからだ。もちろん、服、そして着こなしには時代感というものが存在す。しかし、男の服は時代を超越したクラシックがあくまでも軸となる。財力や地位には関係なく、教養のある男は古今東西、皆、そうだ。流行遅れになることを恐れて何を着ていいかわからないだと? 顔を洗って出直してこい! 己が着るものくらい、己で考えろ。しかし、それでは“相談室”が成り立たないな。仕方がない。それでは、ひとつアドバイスをしよう。
 男はクラシックな装いが基本である。クラシックな装いと言っても単なるコンサバな着こなしを指すのではない。私の言うそれは、「保守的」を意味するコンサバとは似て非なるものだと心得てほしい。料理で例えるならば、男は薄口の味で勝負をするべきだ。控えめな中のアグレッシブさとでも表現できようか。洋服も同じである。クラシックな装いとは、ベーシックな服のポジティブな着こなしを示す。それを見出すためには、まず己のクローゼットの棚卸しが必要になってくる。

Q.なるほど! タンスの肥やしとなっているような多くの洋服を整理して、もっとシェイプアップをさせる。言うなれば、クローゼットの「脱メタボ」ですね!
 てめぇ、何うまいこと言ったって顔してやがる! ふざけるのもたいがいにしやがれ!まぁ、とはいえ、その言葉は以前私の言ったことだな。よく覚えていたものだ。クローゼットの脱メタボリック症候群とは自分でもよく言ったもので、そのためには、自分のワードローブの棚卸しをしろ。まず、あなたがどのような服を持っているのかを把握する必要がある。そのために、洋服をカテゴライズしていくことが大事だ。まずは色でカテゴリーを作る。グレー、ネイビー、ベージュ・茶系、これを私は男の3原色と呼んでいる。私が考えるクラシックな装いは、すべてこの3色を基本として作られるのだ。特にグレーはどんな色にも合うという理由から、もっとも基本となる。すべての道はグレーに通じるのである。そして、そんなグレーを明度で分ける。白→ライトグレー→ミディアムグレー→ダークグレー→チャコールグレー→黒という具合に、だ。そして、そのほかの色に分けて整理しておくのだ。次に、それらをさらに細分化してシーズン別にカテゴライズする。通年用、春夏用、秋冬用に分ければよい。このように、カテゴライズすることであなたのワードローブが整理される。その作業の中で、必要なものとそうでないものが把握できるであろう。すると、あなたはこれから足りないものだけを新たに購入していけばよいという算段となるのだ。ワードローブは、これで的確にシェイプアップさせることができ、ワードローブの脱メタボリック症候群はほぼ目前と言える。さて、問題はここからだ。では、どのような目線で新規のアイテムを選ぶべきか。はっきりと言おう。旬なものはできるだけ避ける、それがコツだ。近ごろはナローラペルが旬だ、浅い股上が旬だ、と雑誌が書き立てているが、鵜呑みにするのは極めて危険である。なぜならその服は果たして、10年と言わないまでも5年後も着られるアイテムなのか?そこをしっかりと吟味し、よく検討いただきたい。また、決してブランドを基準としてはいけない。高名なブランドであれば、すべてが素晴らしいとは限らない。昨年話題になった、とある有名な料亭がそうであったようにな・・・・・。1シーズン限りで着られなくなるような特殊なデザインの服を買うようなことは愚の骨頂なのだ。よいものを長く着る、そういう目線で服を選ぶことが本当に賢いやり方だ。そこには使い込んでいく美学がある。そして、限られた資源を大切にすることでもあり、地球温暖化を抑制することにもつながるのである。

画像(117x180)・拡大画像(225x345)

(→)こちらは、マエストロが頻繁に訪れるという甘味処の「竹むら」(TEL.03-3251-2328 東京都千代田区神田須田町1-19)。看板メニューである「粟ぜんざい」はどうしても食べたくなることがあるとか。頬張る姿にも品格が漂うあたりは、マエストロ、やはりタダモノではありません!

Q.自分では服を買わず、妻任せという男性も多いようです。確かに、今の女性はお洒落だし妻の好みで選んでもらえれば我々も楽でいいですよね!
 この野郎、破門にしてやろうか!この大馬鹿やろうが! てめぇが着る服をてめぇで買わないだと? まったく、信じられない。自分の身に着けるものは自分で選べ。確かに、平日の百貨店に足を運ぶと、タイ売場に婦人の姿が目立つ。タイはサイズの融通が効くからプレゼントに最適なのだそうだ。だが、お前みたいな考え方をしている男には、馬鹿やろう!と言ってやりたいね。タイは自分を映し出す鏡だ。人が買ったネクタイを毎日ただ喜んで巻いているだけなんて、私に言わせれば、犬っコロと同じだ。女房の選んだタイばかりをうれしそうに巻いていたら世の中の男性がペット化してしまう。女房はお前の主人なのか。己の好みはないのか。己を主張しろ。人任せな服を着ている男は、何でもそのとおりだ。上司と食事に行って、同じもの、と決まって注文する輩も同じだ。まったく、情けない・・・・・。お前の食いたいものは何だ?イタリア人はメニューを眺める時間も食事の楽しみであると心得ている。たいてい、20分は時間をかけるものだ。自分で着るものを人任せなどにするな。自分のケツは自分で拭け

Q.クローゼットの棚卸し、女房への好みの主張、必要なことは分かりました!あとは、着こなしのマニュアルをマエストロから聞くだけですね!
 このやろう、以前も同じような質問をしやがったな。何がマニュアルだ! 着こなしのマニュアルなど存在するわけがなかろうが。教わるものなどではない。そんなものは自分で学ぶものなのだ。だが、ヒントは教えてやろう。簡潔に言うと、映画を見なさい。?50年代、?60年代の映画にはよき手本が多い。ここで、私のおすすめの映画を手本とすべき主演俳優とともに7本挙げよう。『太陽がいっぱい』のアラン・ドロン、『俺たちに明日はない』のウォーレン・ベイティ、『第三の男』のオーソン・ウェルズ、『北北西に進路を取れ』のケイリー・グラント、『カサブランカ』のハンフリー・ボガード、『甘い生活』のマルチェロ・マストロヤンニ、『華麗なるギャッツビー』のロバート・レッド・フォード。ほかにも枚挙にいとまがないが、まずこの7本を見なさい。そして、何を感じ取れるか。そこからは、あなた次第である。私は服に関心が持てないのはつまらない人生だと考える。実にもったいない。人生を楽しむためのワンピースをあなたは失っているのであるから。

Q.ではマエストロ、最後にズバリ、男にとってのお洒落の極意を語っていただき今回を締めくくってください!
 このやろう、やけに仕切りがいいじゃねぇか。わかった、では簡潔に言おう。お洒落の極意は我慢である。男の我慢とは己の道を歩くことであり、それこそが男の流儀である。以前にも述べたが、暑いから上着を脱ぐ、タイを巻かない、そんなふざけたことを言うな。しかるべき場所であれば、暑くたって上着とタイぐらい身に着けろ。それこそが男の嗜みであり楽しみだ。夏でもタイを緩めずにスーツをきちんと着ている。それでいて涼しい顔をしている。そこに格好よさ、そして品格が漂うのである。ときに女には、そんなことを我慢してやっている男が「子供みたいで、バカね」なんて映るらしい。しかし、それは女にはまったく無縁の境地だと言いたい。男のお洒落には、我慢する力子供のような素直さが不可欠なのだ。
 私は長年、洋服に携わった仕事をしている。だが、上っ面だけで日本人の男性をお洒落にしたい、などとは思ってはいない。好きなものを好きなように着ればよいと思う。しかし、服飾の歴史が浅いがゆえに、ヨーロッパ諸国の、特にイギリス、イタリア、フランスの男達から学ぶべきことはまだまだ多い。私はそうした現状を鑑みて、日本も彼らと同様、いやそれ以上に素晴らしいものを持っていることを知らしめたい。日本人に似合う、日本のスタンダードな装いを創っていきたい。そして、服を着ることの愉しみを一人でも多くの人に伝えていきたいと願うのである。いまだ道程ではあるが、そのための礎になることこそ私の本望なのだから。
 
 

画像(87x180)・拡大画像(120x246)

−近ごろのマエストロ−
「モノを見抜く“目”を持て」

仕事でも私生活でも熱い人と冷めている人の差が広がっているように感じる。そして熱い人は熱い人と出会い、相乗効果でさらに熱くなる。人は人との出会いで刺激を受け、成長するのである。先日、奈良にある靴下工場にうかがった。メイド・イン・ジャパンの実にいい靴下を作っており、働く人の熱が私に伝導した。新年はフィレンツェに赴き、幾つかの工房に立ち寄る。そこには価値観を共有する人がいる。そこでも熱を感じるのが楽しみだ。

■みなさんからの質問待ってます!
仕事から家庭、恋愛、そしてファッション・・・・・・etc.、日ごろ読者のみなさんが抱える悩み、疑問など、相談したいことをなんでも教えてください。マエストロ赤峰がズバッと解決いたします!インターネットの場合は[ www.oceans-ilm.com ]へアクセスの上、「NEWS」から投稿してください。郵送の場合は官製ハガキに @相談したいこと A氏名(ふりがな) B年齢 C職業 D電話番号 Eメールアドレス F赤峰連載への感想 を明記し、〒162-0825東京都新宿区神楽坂6-42 オーシャンズ編集部「オトナ相談室係」までお送りください。質問が採用された方の中から、抽選で毎月1名様にマエストロ直筆の“ありがた語録(「男とは我慢力と子供力」)”色紙をプレゼント!

Posted by インコントロ STAFF at 00時00分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

1

2008


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

朝日新聞be on Saturday『赤峰幸生の男の流儀‘コートが気になる季節’』2012年12月1日(土)掲載

朝日新聞be on Saturday『赤峰幸生の男の流儀‘コートが気になる季節’』2012年12月1日(土)掲載

MEN'S EX 5月号 菊池武夫と赤峰幸生の Be Buffalo Forever! vol.12

MEN'S EX 5月号 菊池武夫と赤峰幸生の Be Buffalo Forever! vol.12

MEN'S EX 2013年8月号 赤峰幸生の「服育のすゝめ」 vol. 8

MEN'S EX 2013年8月号 赤峰幸生の「服育のすゝめ」 vol. 8

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.