AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2011年07月12日(火)

MEN'S EX 2011年8月号 赤峰幸生が行く至高のMADE IN JAPAN vol.1クレアシオン [MEN'S EX 掲載記事]

究極のシャツ生地を作りました!
 
赤峰幸生さんが40年以上にわたって歩んできた服作りの歴史の中で、数々生み出してきたメイド イン ジャパンの名作。
なかでも海外の超一流と比較しても勝るとも劣らないと氏が絶賛する究極のシャツ地を、浜松にて再び作ってもらいました!

画像(320x206)・拡大画像(600x388)
画像(100x140)

〔右〕ブロードクロス
旧式シャトル織機によるブロード
世界でも大変珍しいシャトル織機で織られたブロードで、最上質のエジプト原綿の滑らかさと、生地の膨らみ感がなんともたまらない一枚。まさに着こんでいくほど味わいを増すシャツ生地の王者。1万5750円/アカミネロイヤルライン

画像(100x140)

〔中〕シャドーボイル
涼しさ抜群の強撚コットン
強撚糸を使い、糸の密度を抜いたところでストライプを出したシャドーボイル。薄手でサラリとしていて、大変涼しい一枚です。前身頃の折り返し幅を多く取っていて、ボタンを開けて着てもOK。1万8900円/アカミネロイヤルライン

画像(100x140)

〔左〕からみ織り
遠州伝統の織り組織
遠州が得意とするからみ織りで、日本に2台しか現存したに織機で織られたBDシャツ。通常網戸のような桝目の織りに、斜めにジグザグに絡んでいるので、透けないけれど通気性と涼しさ抜群です。1万8900円/アカミネロイヤルライン

画像(180x100)・拡大画像(400x223)

■シャツ生地の聖地・遠州で至高の生地が誕生!
赤峰 昔は当たり前だった素材やアイテムなのに、今見るとなくなっていたりするものが結構ありまして。そういった名品を現代に蘇らせたいという思いがありまして、今回、世界最高レベルのシャツ生地を作る遠州(浜松)のシャツ生地の産元、クレアシオンで、至高の生地を企画してきたんです。
織田 まずはブロード。縦2本、横1本の平織組織で、基本中の基本の生地ですが、素うどんと一緒で、いいものと悪いものの差が全て出てしまうんですよね。
赤峰 今回、原綿と撚り方、経緯の打ち込みの密度など、それぞれ組み合わせを変えて、33種類のブロード生地を作ってみたんです。完成した生地を並べ、すべての情報を伏せた状態で触って選んだのが、この生地だったんですよね。私の中の究極、英ウィリアム・イェッツのブロードに勝るとも劣らない会心の出来となりました。
織田 世界でも珍しいシャトル織機で織り上げたブロードで、膨らみや目の整いがまるで違うんです。洗っても全然へこたれないですし、上品な光沢があって本当に素晴らしい生地だと思いました。
赤峰 それと、遠州が得意とする、着物の絽(ろ)や紗(しゃ)のようなからみ織りの生地も素晴らしい出来になりました。江戸時代のクールビズの現代版といったところでしょうか。それと今日私が着ているシャドーボイル。このシャツのデザインは、『太陽がいっぱい』でアラン・ドロンが着ていたシャツをもとに作ったんです。台襟付きで前の生地の折り返しを多く取っていて、上のボタンを開けて着ても折り返しが見えないのがポイントです。
織田 このシャツ一枚の生地が織られるまでに一体どれだけの手がかかっているのかを、これまで消費者のかたにお伝えできる機会がありませんでした。そのへんをもっとアピールしたかったので、今回は非常に嬉しいです!
赤峰 遠州は本当にすべての工程が分業化されていて、まさに家内制手工業の集合体なんですよね。これは日本が誇る財産。後継者不足が嘆かれていますが、後世にしっかり伝えていきたいですね。
 

1>糸表面の毛羽を炎で焼いて滑らかに!

画像(180x85)・拡大画像(400x191)

紡績屋から届いた糸は、糸表面の毛羽をガスの炎で焼くことで、表面を滑らかにして光沢を持たせる“ガス焼き”工程を経ます。バーナーの炎の中を上から下へ高速で通し、糸表面の毛羽のみを焼いて除去します。今日海外では見られなくなり、日本でもこれをやっているのは僅か2〜3社のみ。

2>糸をほぐしてリラックスさせます

画像(180x76)・拡大画像(400x171)

今日、紡績工場で大きな糸巻き(チーズ、ビーム等)に巻かれた糸は直接染色工場に運ばれますが、遠州では糸巻きからゆっくりほぐし、綛と呼ばれるテンションがかからない糸の束にしてから次の工程に進みます。綛揚げは民家が内職でやっていることが多く、まさに家内制手工業の典型!

3>糸をリラックスさせて染めます

画像(180x171)・拡大画像(400x380)

綛にしたいとは精錬して油分を落とし、さらし工程で黄ばみを取り除き、染色。それを洗って汚れを落とし、オイリング工程で油分を足し、乾燥させます。今日一般的なチーズ染めやビーム染めと比べ、綛染めは糸をリラックスさせた状態でムラなく染められます。

4>摩耗堅牢度を高める糊付けは民家の内職

画像(180x64)・拡大画像(400x143)

染められた経糸の摩耗堅牢度を高めるために何度か糊付けを繰り返すのが、綛糊付け。糸の太さ、気温や湿度によって、職人さんが糊の帳合を変えます。そして天日干し(雨の日は干せません)。この工程も民家にて。遠州のシャツ生地作りは、各工程を内職が支えているからこそ成立するのです。

5>なんと7000本以上の経糸を通します!

画像(180x171)・拡大画像(400x380)

糊を付けて乾燥させた経糸は整経屋に運ばれ、必要な本数の経糸を引き揃えてビームに巻きつける整経工程に入ります。糸巻きを柄の設計順に並べ、糸にテンションをかけないよう織機幅に合わせて1本ずつ並べていきます。112cm幅のシャツ地で約7000本!

6>旧式シャトル織機でゆっくり織ります

画像(180x179)・拡大画像(400x398)

旧式のシャトル織機でゆっくりと織り上げていきます。緯糸をエアジェットで飛ばす高速織機とは異なり、シャトルを飛ばして織っているので、緯糸が往復する際のテンションの緩みが生地に独特の膨らみをもたらします。ただ、効率がすこぶる悪いのは難点。

Posted by インコントロ STAFF at 09時42分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

7

2011


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PHOTO

朝日新聞be on Saturday " 赤峰幸生の男の流儀 『真夏のジェントルマン』 2013年7月6日(土)掲載"

朝日新聞be on Saturday " 赤峰幸生の男の流儀 『真夏のジェントルマン』 2013年7月6日(土)掲載"

今月の赤峰ワードローブ

今月の赤峰ワードローブ

朝日新聞be on Saturday " 赤峰幸生の男の流儀 『白シャツを突き詰める』 2013年6月22日(土)掲載"

朝日新聞be on Saturday " 赤峰幸生の男の流儀 『白シャツを突き詰める』 2013年6月22日(土)掲載"

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.