AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2012年07月07日(土)

朝日新聞be on Saturday『赤峰幸生の男の流儀‘暑い季節の大人カジュアル’』2012年7月7日(土)掲載 [朝日新聞掲載記事]

画像(320x86)・拡大画像(480x130)

 前回は夏のオフィスシーンにおける装いについて、「クールビズありきではなく、会う人への気持ちを表現したい」とお伝えしました。今週はオフの装いについて考えてみたいと思います。

 私が暑い季節のカジュアルの基本にしているのは、ボロシャツ。Tシャツより、やはり襟の付いたものが大人にはふさわしいと思います。特に歴史のある「ラコステ」を愛用していますが、裾を出して着ることが多いので、丈の長さには気を使います。ちょうどお尻のトップにくるぐらい、あるいは少し短いぐらいに、場合によっては直して着ています。身幅もほどほどピタっとしたものを選ぶようにしましょう。ダラリとした印象を与えてはなりません。

 そして、男を最も美しく見せてくれる上着は、盛夏においても活用しています。コットンあるいはリネンのものをさらりと羽織れば、体形をカバーしてくれる上に、簡単にスタイルが決まります。

 下半身には、ショートパンツやバミューダパンツをもってくることが多いのですが、細畝のコーデュロイのジーンズなんかもいいと思います。

 そして活動的に過ごしたいので、足元にはスニーカー。デザインし過ぎたもの、大きさを感じさせるものは避け、コンバースのオールスター(ローカット)やイタリアのスペルガといったものを薦めます。ポロシャツの色に合わせて、白、生成り、紺、黒あたりがいいでしょう。
 

画像(180x156)・拡大画像(300x261)

イラスト・YAB

 「オフだから何でもいいや」なんて、もうやめ。夏の海を思わせる明るいブルーのニットジャケットに、白い波頭に寄せて白色ポロシャツ、砂色ベージュのショートパンツなんてどうですか? 自然からの発想でいかにも粋ですね!

=======================================================
*朝日新聞社に無断で転載することを禁止します。

Posted by インコントロ STAFF at 00時00分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

7

2012


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PHOTO

朝日新聞 be on Saturday "赤峰幸生の男の流儀"  『コットン・スーツのしわ』  2014年6月21日(土)掲載"

朝日新聞 be on Saturday "赤峰幸生の男の流儀" 『コットン・スーツのしわ』 2014年6月21日(土)掲載"

MEN'S EX 10月号 菊池武夫と赤峰幸生の Be Buffalo Forever! vol.17

MEN'S EX 10月号 菊池武夫と赤峰幸生の Be Buffalo Forever! vol.17

私はコレを大定番とします!あの人が選んだ定番リストが見たい

私はコレを大定番とします!あの人が選んだ定番リストが見たい

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.