AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2012年12月01日(土)

朝日新聞be on Saturday『赤峰幸生の男の流儀‘コートが気になる季節’』2012年12月1日(土)掲載 [朝日新聞掲載記事]

画像(320x86)・拡大画像(480x130)

 気温が20度を下回ると、コートの季節。今回は、男のカッコイイコート姿についてお伝えしましょう。

 コートは貴族の日常着を起源とするものと、軍服に起源するものの二つに分けられます。特にトレンチコートは、もともと兵隊が雨風をしのぐためのもの。ウエストに絞りがなく、コートの上から幅広のベルトをキチッと締め上げて着用していました。

 一方、礼服用のチェスターフィールドコート、スポーツ観戦用のカバートコートやポロコートなどは英国貴族の装いを起源とします。よりドレッシーな要素が強いものだと言えます。

 現代はその違いがかつてほど明確ではありませんが、歴史を知って身にまとうことで、より深みのある着こなしが生まれることでしょう。

 この冬は素材の値段や円高を映して、海外製品がかつてより求めやすい価格になっていて、チェスターフィールドやアルスターコートのような、ハイウエストで絞られたひざ丈のコートが人気です。一時、「ショートコート」が流行し、これまでもひざ上の丈が主流となってきましたが、少し丈が長くなってひざにかかる程度のものも増えてきました。またチェスターフィールドはダブルブレストの製品が目に付きます。

 ここにはクラシックに回帰する潮流が見て取れますが、男性の装いが更にエレガントになり、シックを感じさせる流れだと言えましょう。
 

画像(180x156)・拡大画像(300x260)

イラスト・YAB

 そして男のコートの決め手は何と言っても後ろ姿。ウエストの絞りや、長めの丈で腰から裾にかけてゆったりと揺れるフレアが、何とも言えない色気を醸し出しますヨ!

=======================================================
*朝日新聞社に無断で転載することを禁止します。

Posted by インコントロ STAFF at 18時32分   コメント ( 0 )

コメント

[ 内容チェック中 ]

アバクロ ダウン 2012年12月27日 12時06分 [削除]

[ 内容チェック中 ]

CHABA 2012年12月09日 12時19分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

12

2012


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PHOTO

服の立ち位置【「いい物」を一つ一つ】

服の立ち位置【「いい物」を一つ一つ】

能を未来に

能を未来に

2012SS ORDER会ご案内

2012SS ORDER会ご案内

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.