AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2013年02月19日(火)

朝日新聞be on Saturday “赤峰幸生の男の流儀” 『クラシック・ニューを探して』 2013年2月16日(土)掲載 [朝日新聞掲載記事]

画像(320x86)・拡大画像(480x130)

年明けにイタリアを回ってきました。フィレンツェで開かれる大規模見本市「ピッティ・ウオモ」や、ミラノの店先で、メンズファッション大国の「今」を感じるためです。

近年のイタリアでは、スーツでもわざと洗いざらしに見せたり、ダメージを加えたりといったテクニックが流行しています。でも、今年はそれももう終わりかな、との印象を受けました。着込んだように見せかけるのは、本当の装いではないということなのでしょう。
 
ファッションはとかく流行と結びつけられますが、私は服というものを大きく三つに分けて考えています。

一つはクリエーターが先駆的な仕事に挑戦した「先駆的商材」、次に時代にマッチして大きなビジネスになり得る「時代的商材」、そしていつまでも変わらず愛される「普遍的商材」です。
 
ボタンホールを色糸でかがったワイシャツ、細すぎるラペルのスーツ、先のとがった靴、やたらと厚みのある大きな腕時計。これらはいつか消えていくものではないでしょうか。
トレンドというのは移り変わるもの。時代性に左右されすぎない視点が大切です。
 
ただこれは、新しいものへの興味を持たないということではありません。私も意欲的に見て回ります。ただ、新しいものを前にしたときに考えるのは、それが「将来のスタンダードになり得るコンテンポラリーかどうか」という点です。
 

画像(180x157)・拡大画像(300x262)

イラスト・YAB

かつてビートルズが登場したとき、彼らはミュージックシーンの異端でした。それが今や「クラシック」とも呼べる存在になっています。ファッションにおいても「クラシック・ニュー」を探すのが粋ですね!

=============================================
*朝日新聞社に無断で転載することを禁止します。

Posted by インコントロ STAFF at 11時08分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

2

2013


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    

PHOTO

OCEANS 1月号連載 AKAMINE STYLE 目覚めよ、日本の男たち!

OCEANS 1月号連載 AKAMINE STYLE 目覚めよ、日本の男たち!

ORDER会開催のご案内〔'10秋冬&’11春夏〕

ORDER会開催のご案内〔'10秋冬&’11春夏〕

MEN'S EX 4月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.16

MEN'S EX 4月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.16

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.