AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2013年12月02日(月)

朝日新聞be on Saturday " 赤峰幸生の男の流儀 「着回しでパーティーへー」 2013年11月30日(土)掲載" [朝日新聞掲載記事]

先日、大阪にお住まいの読者の方から、「近く東京・銀座でパーティーがあるのだが、以前赤峰コラムで読んだトニック生地のスーツを検討している」とお便りがありました。

ヤギの毛を使ったトニックにはハリと光沢があり、ハレの場にふさわしい。披露宴でも、親族なら黒の礼服になりますが、ゲストなら明るいグレーのトニックでいいと思います。

祝意を表現するために、着こなしには一工夫加えましょう。シャツはもちろん白ですが、袖口の仕上げをダブルにして、カフスボタンで留めるといいでしょう。ネクタイは、例えば赤と黒のレジメンタル柄で、ベルトと靴は黒。フォーマルな黒を取り入れながら、華やかさも演出します。ポケットチーフは白。私なら小さな赤いバラをラペルの穴に挿しますが、上級と思われるでしょうか。

画像(320x278)・拡大画像(640x557)

イラスト・YAB

このパーティースタイルのポイントは、普段も使えるスーツだというところでしょう。パーティーのためだけに着るタキシードやモーニングにも良さがありますが、着る回数を考えるとそれほどお金をかける気にならない人も多いでしょう。

その点、「普段も着られて、コーディネート次第でパーティーにも出掛けられるスーツ」の方がずっと価値があると思います。そのためには、いつもお薦めしているように「少し明るい色調のスーツを選ぶ」ことが大切になります。私はブルーの発色が鮮やかなリネンのジャケットなどもパーティーで活用しています。ベージュ系のスーツも春夏の会食などにはバッチリ適しています。

「とりあえず黒でしょ」と安物の礼服を手に取るのはもう終わり。普段もしっかり愛せる上質なスーツで、祝意を表現してはいかがでしょうか。

========================================
朝日新聞社に無断で転載することを禁止します
========================================

Posted by インコントロ STAFF at 09時55分   コメント ( 0 )

コメント

[ 内容チェック中 ]

T.H. 2013年12月02日 20時47分 [削除]

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

12

2013


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

PHOTO

OCEANS 10月号連載 AKAMINE STYLE 目覚めよ、日本の男たち!

OCEANS 10月号連載 AKAMINE STYLE 目覚めよ、日本の男たち!

MEN'S EX 11月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 vol.01

MEN'S EX 11月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 vol.01

MEN'S EX 7月号 菊池武夫と赤峰幸生の Be Buffalo Forever! vol.14

MEN'S EX 7月号 菊池武夫と赤峰幸生の Be Buffalo Forever! vol.14

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.