AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2011年05月12日(木)

Akamine Royal Line ブリティッシュハンティングコート [INCONTRO NEWS]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

 いつもBLOGをご高覧いただき、有難うございます。
この度、Akamine Royal Lineとして初のブリティッシュハンティングコートMod.HENRYが入荷しました。1950年代のハンターズコートをイメージしたコレクションです。別名ブリティッシュライディングコートとも呼ばれ、英国流紳士のコートとしては当時不可欠なアイテムだったものだそうです。
 台襟が高めのステンカラーで全体のシルエットはスリムなラインです。素材は高密度の先染めギャバジン綿。展開色はサンドベイジュ、ブリティッシュカーキ、ネイビー等です。年間ご着用いただきたいコレクションとして是非ご紹介させて頂ければと存じます!

画像(127x180)・拡大画像(452x640)

追記:今回はアーカイブなモデルにインスパイヤーされ、赤峰流に復刻しました。イメージパネルも合わせてご覧ください!

Posted by インコントロ STAFF at 14時53分 Permalink  コメント ( 0 )

2011年04月07日(木)

お知らせ

 平素よりAKAMINE BLOGをご高覧いただき、誠に有難うございます。

 3月11日の大震災発生より来週で約一か月を迎えますが未曾有の大震災の被災に遭われた方々、今尚非難生活を余儀なくされておられる方々、更には多数のお亡くなりになられた方々におかれましてはこの場をお借りして心よりお悔みとご冥福をお祈り申し上げます。
 
 弊社においても震災から約一か月の間、白金台ショールームにおける11春夏AkamineRoyalLineオーダー会開催運営を自粛しておりましたが、お客様からのリクエストも多々頂戴する中、この度、4月11日(月)より再スタート致し、オーダー会売上の一部を大震災復興義援金として、寄付させていただく事と致しました。

 着の身着のままで逃げられた方々、ご親族を亡くされた方々、お亡くなりになられた多くの方々・・、日々の報道を垣間見るだけでも胸が締め付けられる想いですが、我々に出来る事を一つ一つBLOGをご高覧いただいている皆様方、また被災地の方々に向けても少しでも手助けになればと考えます。
 
 最後に、震災後安全安否確認の為にご丁寧にご連絡を頂きました業界関連皆々様またお客様に、心から御礼を申し上げます。また是非皆様とAkamineRoyalLineを軸とした様々な‘つながり’を大切にしつつ、お会いできる事を心からお待ち申し上げますと共に、被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
 
=============================================================

 尚、オーダー会のお約束は随時お受けしておりますので、APPOINTMENT FORM 又はお電話(03-3447-1891)、E-メール(info@incontro.jp)までご来社ご希望日時をご連絡頂けますようお願い致します。
担当より折り返しご連絡させて頂きます。

Posted by インコントロ STAFF at 13時07分 Permalink  コメント ( 0 )

2011年03月11日(金)

11SSオーダー会開催 [Special Pattern Order会]

画像(320x171)・拡大画像(560x300)

11SS Akamine Royal Line オーダー会を白金台ショールームにて3月18日(金)迄行っております。

春夏から展開色豊富なニット(Vネック、クルーネック、タートル)やブリティッシュミリタリーコートも加わり、麻やベーシックなオリジナル開発素材も取り揃えています。

ARLのコレクションページもリニューアルしましたので、
こちらも是非ご覧いただき、皆様のご来場をお待ちしております。
尚、アポイント制をお願いしておりますので、ARLコレクションページ内、
APPOINTMENT FORMからご希望日時をご連絡くだされば幸いです。

また、3月18日(金)以降もアポイント制にてオーダーを賜っておりますので、
是非ご活用ください。

Posted by インコントロ STAFF at 13時02分 Permalink  コメント ( 0 )

COLLECTIONページをリニューアルしました [INCONTRO NEWS]

この度、Akamine Royal Line のCOLLECTIONページをリニューアルし、
コンセプト・素材やモデルなど分かりやすくご覧いただけるようにしました。

また、同時にFACEBOOKも発信専用としてスタートし、定期的な情報発信を行ってまいりますので、こちらも是非合わせてご覧くださいませ。

>> Akamine Royal Line COLLECTIONページはこちらです

>> Akamine Royal Line FACEBOOKページはこちらです

Posted by インコントロ STAFF at 12時49分 Permalink  コメント ( 0 )

2010年10月06日(水)

MEN'S EX 11月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.22 [MEN'S EX 掲載記事]

画像(90x178)

「ツイードジャケットのワンランク上の着こなし方」

真のクラシックを追求し、服のみならず、生き方そのものに自らのスタイルをもつ男、赤峰幸生。
氏が考える、粋なスタイルを伝授する連載。最終回は、ツイードジャケットの着こなし術についてです。


画像(66x180)・拡大画像(222x600)

■その1 茶系のジャケットの着こなし■
ツイードの合わせにはグレイを必ず取り入れます
アカミネロイヤルラインのハリスツイードのジャケット、ロッキャランのマフラー、リヴェラーノ&リヴェラーノのグレイフラノのパンツ、ジョン ロブのスエードシューズという合わせ。「ツイードジャケットを着るときは、コーディネイトにグレイを1点必ず取り入れます。ツイードとグレイの相性は非常によく、コーディネイトを確実にすっきりまとめてくれます。この格好にグローブをすれば、冬でもコートを着ないで外出できますよ」

画像(118x180)・拡大画像(200x305)

使い勝手◎なグレイシャツを!
イタリア製のカシミアのウインドウペーンのタイをコーディネイト。グレイでありながら赤茶がかっていて、ジャケットの色合いとマッチ。「ツイルのシャツはライトグレイを選びました。あまり着られないかもしれませんが、大変重宝する色です」

 
■ツイードにはグレイを必ず取り入れます
赤峰  ツイードジャケットの色は私にとって秋の枯れ草色の集積であり、自然な葉の色というイメージがずっとあります。
M.E.  確かにツイードに関してはいつも枯れ草を感じさせる色を着てらっしゃいますよね。それに合わせるシャツは、どういう基準で選ばれているのですか?
赤峰  素材に凹凸感があって、温もりを感じさせるものを選んでいます。ロイヤルオックスフォードのような目のざっくりしたものやツイルがオススメですね。それと、白いシャツを着たいときは、真っ白系ではなくてエクリュというかややオフホワイト系を選んでいます。
M.E.  ツイードに対して柄のシャツを合わせることもありますよね。
赤峰  もちろんです。その際注意したいのは、大柄のジャケットに対しては小柄のシャツ、逆に千鳥格子のような小柄のジャケットには比較的大柄のシャツを合わせたりと、ジャケットとシャツの柄のメリハリをつけることが大切です。それとツイードにはスエードの靴が合いますね。レースアップでもブーツでもスリッポンでも構わないですけど、茶のスエードは欠かせません。タイは光沢を抑えた素材感のものを選んで、ジャケットの色を必ず1色は拾うようにしています。
M.E.  前回のフランネルの話と重ね合わせ、赤峰流セオリーがわかってきました。
赤峰  それと、ツイードには常にどこかでグレイを軸色で入れています。そうすると色合わせがぶれないんですよね。起毛感のあるサキソニーやフランネル、生地に立体感のあるものを合わせるのがナチュラルでオススメです。
M.E.  上手くまとめるコツですね。
赤峰  それと、ジャケットを着てコートに手袋をするのでなく、コート代わりに肉厚のジャケットを着てマフラー&グローブというスタイルもカッコいい。今の日本の気候なら、冬でも全然ありですよ。
 

画像(69x180)・拡大画像(193x500)

■その2 グレイツイードJKの着こなし■
グレイJKのときは柄の色を拾います
リヴェラーノ&リヴェラーノで仕立てたヴィンテージツイードJK、アカミネロイヤルラインのカシミアコットンシャツ、ウールシャーリーのタイ、リーバイスのコーデュロイパンツ、クロケット&ジョーンズの靴という合わせ。「グレイパンツでなくコーデュロイパンツを合わせたのがポイントです」

画像(127x180)・拡大画像(200x283)

ウォーム感のある素材合わせが鉄則
JKのチェックの色を拾い、マスタード色のコットンカシミアシャツをセレクト。同じくJKのグリーンの柄を拾って、ウールシャーリーのタイを。「ウォーム感のあるシャツとタイの素材感と色合わせがポイントです」

Posted by インコントロ STAFF at 00時00分 Permalink  コメント ( 0 )

2010年09月06日(月)

ORDER会開催のご案内〔'10秋冬&’11春夏〕 [Special Pattern Order会]

 今シーズンもクラシックテーラードの基本をしっかり押さえたAkamine Royal Line のORDER会を来る10/14(木)〜22(金)迄、白金台ショールームにて開催いたします。是非この機会にお出かけくださいませ。
 こちらBLOGをご覧いただいている方々からのお約束もお受けしております。お約束はアポイント制とさせていただいておりますので、お電話又は以下のコンタクトフォームからご希望日時をご連絡ください。折り返しこちらからご連絡申し上げます。
 
 近々各メンズ誌にご紹介いただいたものを以下にてご覧いただけます。ご参考に是非ご覧ください。今回も赤峰オリジナル開発素材及びモデルサンプルに加え、多くのシーズン素材見本も取り揃えております。是非お気軽にご連絡くださいませ。

                  

INCONTRO STAFF 

 
■DATE : 2010年10月14日(木)〜22日(金)*16(土)と17(日)はお休みさせていただきます。

■PLACE : INCONTRO SHOWROOM

■INCONTRO MAP
印刷用地図】  【Yahoo!Maps

■お問い合わせ、お願い
Tel 03-3447-1891
又は【コンタクトフォーム】よりご来場ご希望日時をご連絡いただければ幸いです。こちらから折り返し確認のご連絡をさせて頂きます。
 
 

画像(128x180)・拡大画像(450x629)

【AERA STYLE MAGAZINE Vol.4(09年秋号)】
 
−記事抜粋(印の部分)−
目が詰まったウェイトのある英国製の記事を使用。着続けることで風合いが柔らかくなり、経年変化を楽しめる。ブラウンを地色のグリーンとパープルの格子柄を配して、控えめな華やかさを感じさせる。¥126,000参考価格/アカミネロイヤルライン(インコントロ)

画像(127x180)・拡大画像(450x635)

【UOMO 10年3月号】
 
−記事抜粋(印の部分)−
マスターすれば、若々しさでも差をつけられるはず。(右)スーツ¥152,000参考価格/アカミネロイヤルライン(インコントロ)

画像(128x180)・拡大画像(450x629)

【MEN'S EX 10年6月号】
 
−記事抜粋(印の部分)−
スイス・アッペンツェルの超高級シャツ記事メーカーで、ボイルといえばアルモというくらいに有名です。強撚の糸で織られており、しっかりしたコシがありながらも非常に薄手で透け感があり、涼しさでは断トツです。3万450円(パターンオーダー価格)/アカミネロイヤルライン(インコントロ)

画像(128x180)・拡大画像(450x632)

【MENS PRECIOUS 10年秋号】
 
−記事抜粋(印の部分)−
背中で男を語れる美麗シェイプが圧巻
昔ながらの低速織機にて織り上げた生地は、薄手ながらベタつかず独特のふくらみ感をもつトロピカル調のもの。アイロンを使った念入りなクセ取り(曲線出し)による、体へのなじみは絶妙!とりわけ背中からウエストにかけてのバックシェイプが美しい。スーツ¥159,600(インコントロ(アカミネロイヤルライン)

Posted by インコントロ STAFF at 14時27分 Permalink  コメント ( 0 )

MEN'S EX 10月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.21 [MEN'S EX 掲載記事]

画像(90x178)

「フランネルのスーツに合わせるシャツ&タイとは?」

真のクラシックを追求し、服のみならず、生き方そのものに自らのスタイルをもつ男、赤峰幸生。
氏が考える、粋なスタイルを伝授する連載。第21回は、フランネルスーツの着こなしについてです。



画像(60x180)・拡大画像(202x600)

■その1 基本のグレイ無地フランネル■
起毛感のあるタイを合わせるのがコツ
アカミネロイヤルラインのスーツとシャツ、ロバート フレイザーのカシミアプリントのタイ、それにコットンのジャカードチーフ、クロケット&ジョーンズの靴という合わせ。「白のシャツはツイル。ブロードを合わせるのはNGです。カシミアのプリントタイルはグレイッシュなブラウンで、足元はフランネルと相性のいい茶のスエードを合わせました。写真では見えませんが、ベルトも靴と合わせて茶のスエードで統一するのが基本です」

画像(118x180)・拡大画像(200x305)

白ツイルのシャツ×カシミアプリントタイ
フランネルのスーツに合わせるのは基本的に白シャツで、素材の目に凹凸感があるツイルを選ぶことが多いそうです。タイはスーツの素材感に近いウールタイを合わせるのが基本。今回は、やや起毛感のあるカシミアのプリントタイをセレクト。

 
■織り感の豊かなシャツとウールタイが基本です
M.E.  フランネルといえば、グレイフランネル。今季のスーツのトレンド素材であり、赤峰先生の十八番素材でもあります。着こなしにおける先生なりのルールを教えていただけますか?
赤峰  フランネルのスーツに合わせるシャツは、基本的には白が多いですね。その際、ツイルかロイヤルオックスフォードのように、素材に目の凹凸感があるものを選んでいます。逆にブロードクロスのような生地のシャツを合わせることはまずないですね。もともとフラノのスーツはクラススポーツ向けのアイテムで、完全なドレスアイテムではないですから。
M.E.  なるほど。
赤峰  私が着るのは500g/m前後の重いものが多いですけど、昨今は軽いフランネルも多く、カシミア混のタイプもよく見られます。グレイフランネルという言葉は独立してあるように、ミディアムグレイのフランネルが一番オススメです。ライトグレイもチャコールグレイもオススメできません。その中で霜降りのキメが細かいグレイがいいのか、粗挽きの荒っぽい霜降りがいいのか、そのへんは好みで選ばれるといいと思います。足元はスエードの靴が合いますね。
M.E.  タイの素材合わせについては?
赤峰  ウールやカシミアの無地や水玉などオススメです。同じ平織りタイがオススメですけど、梳毛のクリアなものだと合いにくいので、少し起毛されているもののほうがいいでしょう。シルクをしたいのであれば、レジメンタルやクレストなどのクラブタイがオススメです。
M.E.  その他のオススメの着こなしは?
赤峰  梳毛のタートルネックニットやウールの長袖ポロシャツを合わせると、格段に洒落て見えます。逆に首回りが軽くなってしまうので、フランネルのスーツに対してノータイでシャツを合わせるのはやめたほうがいいでしょう。
 
 

画像(65x180)・拡大画像(200x552)

■その2 2着目はグレイ×白のチョークストライプを!■
良質フラノは着るほどに味わいを増します
スーツは'50年代のヴィンテージフランネルで仕立てたリヴェラーノ&リヴェラーノのス ミズーラ。15年着て、毛が抜けてちょうどいい雰囲気になってきたとのこと。シャツはアカミネロイヤルライン、バタフライはロバート フレイザー、チーフはシャルベを2枚挿し。靴はジョージ クレバリー。

画像(126x180)・拡大画像(200x284)

ウールバタフライを日常使いで!
日常でウールタイをするのと同様の感覚でウールのバタフライをセレクト。「バタフライを日常でも恥ずかしがらずにしてほしいという思いがあって、つけてみました」と赤峰さん。色をグレイと白に絞ってまとめています。

Posted by インコントロ STAFF at 00時00分 Permalink  コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5

2011


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



赤峰 幸生 (あかみね ゆきお)

● イタリア語で「出会い」の意のインコントロは、大手百貨店やセレクトショップ、海外テキスタイルメーカーなどの企業戦略やコンセプトワークのコンサルティングを行う。2007年秋冬からは『真のドレスを求めたい男たちへ』をテーマにした自作ブランド「Akamine Royal Line」の服作りを通じて質実のある真の男のダンディズムを追及。平行して、(財)ファッション人材育成機構設立メンバー、繊研新聞や朝日新聞などへの執筆活動も行う。国際的な感覚を持ちながら、日本のトラディショナルが分かるディレクター兼デザイナーとして世界を舞台に活躍。 Men’s Ex、OCEANSに連載。MONOCLE(www.monocle.com)、MONSIEUR(www.monsieur.fr)へも一部掲載中。

PHOTO

赤峰さんの三種の神器

赤峰さんの三種の神器

朝日新聞be on Saturday " 赤峰幸生の男の流儀 「ビンテージになる服を」 2013年11月16日(土)掲載"

朝日新聞be on Saturday " 赤峰幸生の男の流儀 「ビンテージになる服を」 2013年11月16日(土)掲載"

MEN'S EX 3月号 菊池武夫と赤峰幸生の Be Buffalo Forever! vol.10

MEN'S EX 3月号 菊池武夫と赤峰幸生の Be Buffalo Forever! vol.10

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.