AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2013年04月01日(月)

朝日新聞be on Saturday “赤峰幸生の男の流儀” 『自然から発想する色合わせ』 2013年3月30日(土)掲載 [朝日新聞掲載記事]

画像(320x86)・拡大画像(480x130)

前回はメンズファッションの色合わせについて、「青、茶、グレーの『男の三原色』から2色(+白)が基本」とお伝えしました。色は装いの要点ですので、もう少し続けましょう。
 
空、海、森……。私たちは自然の中で生きているのですから、その環境に逆らわず、同化する意識をもつことが、装いをうまくまとめるコツだと思っています。例えば靴は大地の茶、ジャケットは大空の青で、シャツはご飯のように何にでも合う雲の白、といった感じです。実際に、茶に緑が入ったアイルランドやスコットランドのツイードジャケットは冬場に枯れてゆく草原や林の表現で、その場に立つと抜群になじむのです。


私はイタリアに行くと、家々の壁の色に似た薄いベージュのジャケットを着て、屋根のえんじをネクタイに取り入れるなど、目に映る色を服で楽しんでいます。場への敬意の表現でもあります。
 
一方、黒やネオンカラーなど、大自然の中で目にしない色は取り扱いが難しい。またグレーは万能色ですが、イタリア人が好きな明るすぎるものは要注意。着合わせが難しくなります。何事も控えめが肝要です。

強調しておきたいのは、日本人は明るいブルーが抜群に似合うということ。「鉄板」と言っていい。「空と雲」のようなブルーと白の組み合わせが一番のオススメで、そこに大地の茶系を取り込んでいくのが基本的な考え方です。
 

画像(180x156)・拡大画像(300x260)

イラスト・YAB

パソコンから顔を上げて外を見れば、明るさを増す春の大地、朽ち果てようとする神社のかすんだ茶色、桜の上品な薄ピンクなど、すてきな色がたくさんあります。
自然に目を向け、粋に楽しんでください!

=============================================
*朝日新聞社に無断で転載することを禁止します。

Posted by インコントロ STAFF at 18時21分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

4

2013


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

PHOTO

アカミネ・ロイヤルライン受注会のご案内

アカミネ・ロイヤルライン受注会のご案内

MEN'S EX 12月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.12

MEN'S EX 12月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.12

菊池さん的ジップニットの着こなしテク

菊池さん的ジップニットの着こなしテク

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.