AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2013年04月09日(火)

Spring & Summer 2013 Trunk Showのご案内 [Special Pattern Order会]

画像(226x320)・拡大画像(424x600)

 
いつもAKAMINE BLOGをご訪問いただき誠に有難うございます。

来る4/15(月)から20日(土)の6日間、インコントロの白金台ショールームにて、2013年春夏スペシャルオーダー会を開催致します!

今年初めのイタリア、フランスでの生地展で赤峰が厳選した素材を中心に各種ご紹介させて頂きますので、どうぞご来場くださいますようお願い申し上げます。

なお、このオーダー会はアポイント制でお願いしておりますので、ご来場の際は電話もしくはメールでのご連絡をお待ちしております。

電話: 03-3447-1891
メール: info@incontro.jp 

◆日 時◆
4月15日(月)〜20日(土)10:00-19:00
◆場 所◆
 株式会社インコントロ
 港区白金台5-5-7 ガーデンコート白金台301
 【MAP

Posted by インコントロ STAFF at 18時28分 Permalink

MEN'S EX 2013年5月号 赤峰幸生の「服育のすゝめ」 [MEN'S EX 掲載記事]

季節の装いを知る その2
雨の日の装いを愉しむ


先日、ロンドンへの出張時、舞台版「雨に唄えば」を観てきました。ジーン・ケリーの名作映画に比肩する素晴らしい演出に感動しました。もうすぐ日本も、梅雨の季節がやってきます。

お洒落をするうえで、雨というのは気が重いものです。服装や靴は濡れても乾きやすいもの、汚れても構わないものなど、選択肢は制限されがち。そかしそれではお洒落も消極的になってしまいます。

私なら雨の日ならではのお洒落を楽しみます。晴れの日にはできない、レインコートの装い。雨に濡らすことで生地がこなれ、パッカリングが浮く。味出しするのに絶好の機会です。まだ若いレインコートに袖を通して、やがて表れるエイジングを想像しながら、わざと少し傘を傾け街を歩くもよし。また、何年もかけて身体に馴れ、濡れては乾きを繰り返すことで油が抜けた、味出しの済んだ昔のレインコートを纏うのも嬉しいものです。
 

画像(237x320)・拡大画像(400x538)

 
赤峰氏愛用のレインコートとは?

私が所有するレインコートをご紹介しました。まず、若い頃ロンドンで手に入れたバーバリー。いまもクラシックな美しい佇まいです。次に、もうひとつの大定番、アクアスキュータム。こちらはパリで購入したもので、袖の鎌が高く垢抜けた印象。このほか、ポリエステル+コットン素材のブルックスブラザーズ、アカミネロイヤルラインのブリティッシュハンティングコートなどなど。各国のいろいろなレインコートを愛用しています。しかしそのなかでも、最も気に入っているのが「ロンドンフォッグ」というメーカーの一着。ロンドンと冠されていますがアメリカのメーカーで、第二次大戦中は米海軍にコートを納品したり、デュポン製撥水生地のコートで人気を博した歴史あるブランドです。30数年前にポートベローの蚤の市で購入したのですが、当時の価格で5〜6万円と強気な価格でした。ラグランスリーブのAラインシルエットが絶品です。

雨の日が愉しくなるコーディネート術

レインコートを着るときはボタンを上まで留めて、ベルトとともに袖口のベルトもしっかりと留め上げます。足元はハンティングブーツにパンツの裾をインして、あるいは短靴にオーバーシューズを履くことも。実は今、素敵な長靴を探しているのですが、神田須田町に良さそうな日本の長靴を扱う店を見かけ、ゆっくりと訪れてみようと思っているところです。

画像(176x180)・拡大画像(300x306)

赤峰氏にとって雨の日は「お気に入りのレインコートが着られる!」と、心待ちにしている日。雨に濡れてもクリースがとれない、目付け440g/uの「アカミネトニック」生地のスーツにオーバーシューズを履いて街を歩けば、過日ロンドンで観劇した「雨に唄えば」の名シーンのように歌い踊りたくなるような気分になるのだそう。ちなみに傘は少し大きめが好みとのこと。

Posted by インコントロ STAFF at 18時10分 Permalink

2013年04月04日(木)

インコントロの新入社員を紹介します! [INCONTRO NEWS]

画像(180x119)・拡大画像(400x265)

タイトルをご覧になって「???」と思われた方もいらっしゃるでしょうか。

新入社員の正体とは・・・カマキリです!

昨日までの雨が嘘のように晴れ渡った今朝。眩しい陽射しが差し込むインコントロのショールームにうごめく無数の『虫』・・・

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

昨年晩秋に赤峰が多摩川散歩中に見つけたカマキリの巣から、赤ちゃんカマキリ達が飛び出していました。

画像(170x128)

予想図

ベランダで大きくなって、皆さまをお迎えするのは夏頃になるでしょうか。
乞うご期待!

Posted by インコントロ STAFF at 09時46分 Permalink

Good Morning Akamine [Weekly Akamine]

弥生第五週(13/52週)

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年3月26日(火) 辛卯

【ヘビーウェイトなショールカラージャケット】

Heavy-weighted shawl collar jacket, my favorite color brown.

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年3月27日(水) 壬辰

【いまはなきアルニス(パリ)のタイ】

Tie of ARNYS (Paris), we cannot get anymore.

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年3月28日(木) 癸巳

【キャヴァリーツイルの茶のスーツ】

Brown suit of cavalry twill.

Posted by インコントロ STAFF at 09時16分 Permalink

2013年04月01日(月)

Good Morning Akamine [Weekly Akamine]

弥生第四週(12/52週)

2013年3月18日(月)癸未

【モヘアのダブルブレストスーツ】

Mohair double-breasted suit.

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

【親友ピーターと】

With my best friend, Peter.

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年3月19日(火) 甲申

【21年前の最も古いスーツ】

My 21-years-old suit, the oldest one.

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年3月21日(木) 丙戌

【ヴィンテージトニックのピンチェックスーツ】

Pin check suit tailored of vintage tonik.

Posted by インコントロ STAFF at 19時51分 Permalink

朝日新聞be on Saturday “赤峰幸生の男の流儀” 『自然から発想する色合わせ』 2013年3月30日(土)掲載 [朝日新聞掲載記事]

画像(320x86)・拡大画像(480x130)

前回はメンズファッションの色合わせについて、「青、茶、グレーの『男の三原色』から2色(+白)が基本」とお伝えしました。色は装いの要点ですので、もう少し続けましょう。
 
空、海、森……。私たちは自然の中で生きているのですから、その環境に逆らわず、同化する意識をもつことが、装いをうまくまとめるコツだと思っています。例えば靴は大地の茶、ジャケットは大空の青で、シャツはご飯のように何にでも合う雲の白、といった感じです。実際に、茶に緑が入ったアイルランドやスコットランドのツイードジャケットは冬場に枯れてゆく草原や林の表現で、その場に立つと抜群になじむのです。


私はイタリアに行くと、家々の壁の色に似た薄いベージュのジャケットを着て、屋根のえんじをネクタイに取り入れるなど、目に映る色を服で楽しんでいます。場への敬意の表現でもあります。
 
一方、黒やネオンカラーなど、大自然の中で目にしない色は取り扱いが難しい。またグレーは万能色ですが、イタリア人が好きな明るすぎるものは要注意。着合わせが難しくなります。何事も控えめが肝要です。

強調しておきたいのは、日本人は明るいブルーが抜群に似合うということ。「鉄板」と言っていい。「空と雲」のようなブルーと白の組み合わせが一番のオススメで、そこに大地の茶系を取り込んでいくのが基本的な考え方です。
 

画像(180x156)・拡大画像(300x260)

イラスト・YAB

パソコンから顔を上げて外を見れば、明るさを増す春の大地、朽ち果てようとする神社のかすんだ茶色、桜の上品な薄ピンクなど、すてきな色がたくさんあります。
自然に目を向け、粋に楽しんでください!

=============================================
*朝日新聞社に無断で転載することを禁止します。

Posted by インコントロ STAFF at 18時21分 Permalink

2013年03月30日(土)

Outlet Sale開催中です! [サンプルセール]

画像(180x119)・拡大画像(400x265)

インコントロでは、明日31日まで白金台ショールームにてPremium Outlet Saleを絶賛開催中です。
どうぞお気軽にお立ち寄りください。

画像(180x119)・拡大画像(400x265)

画像(180x119)・拡大画像(400x265)

Posted by インコントロ STAFF at 11時08分 Permalink

2013年03月25日(月)

可愛い訪問者 [INCONTRO NEWS]

今日インコントロにこんなに可愛らしいお客様がありました!

画像(180x119)・拡大画像(400x265)

インコントロとゆかりの深いスタイリストの登地勝志氏とご子息真一くんがご来社されました。

登地さんといえば「ブラックのニットタイ」がトレードマーク。ご覧ください、4歳の真一くんもビシッとお揃いでタイドアップです。
画像では見えないのですが、足元もワラビーのブーツなんですよ。
パパとお出かけのときはこんな風に決める、これぞ「服育」ですね!

※今週末のアウトレットセールには登地氏もご来場、皆さまのコーディネートにピンポイントのアドバイスをしてくださいます。

Posted by インコントロ STAFF at 17時34分 Permalink

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4

2013


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        



赤峰 幸生 (あかみね ゆきお)

● イタリア語で「出会い」の意のインコントロは、大手百貨店やセレクトショップ、海外テキスタイルメーカーなどの企業戦略やコンセプトワークのコンサルティングを行う。2007年秋冬からは『真のドレスを求めたい男たちへ』をテーマにした自作ブランド「Akamine Royal Line」の服作りを通じて質実のある真の男のダンディズムを追及。平行して、(財)ファッション人材育成機構設立メンバー、繊研新聞や朝日新聞などへの執筆活動も行う。国際的な感覚を持ちながら、日本のトラディショナルが分かるディレクター兼デザイナーとして世界を舞台に活躍。 Men’s Ex、OCEANSに連載。MONOCLE(www.monocle.com)、MONSIEUR(www.monsieur.fr)へも一部掲載中。

PHOTO

朝日新聞be on Saturday『赤峰幸生の男の流儀‘「冬はフランネルであったかく’』2013年1月19日(土)掲載

朝日新聞be on Saturday『赤峰幸生の男の流儀‘「冬はフランネルであったかく’』2013年1月19日(土)掲載

菊池さん的紺ブレの着こなしテク

菊池さん的紺ブレの着こなしテク

赤峰さん的ダブルの着こなしテク

赤峰さん的ダブルの着こなしテク

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.