AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2014年07月05日(土)

朝日新聞 be on Saturday "赤峰幸生の男の流儀" 『調和を意識して』 2014年7月5日(土)掲載" [朝日新聞掲載記事]

装いの要点は、「調和」にあり。毎朝、服を選ぶ時にこのことを考えていただきたいと思っています。

まずは「形の調和」です。

体つきは親から授かったものですが、皆さんは自分の顔の大きさや肩幅、あるいは脚の太さを十分に把握していますか?

欧米人に比べて肩が貧弱で、顔も大きく見えるのに、世の中にたくさん出回っているからといって、小さな襟のシャツを身に着けていませんか? 大きな顔とバランスがよいのは、大きな襟。顔を小さく見せてくれる効果をもたらします。

そして年齢を重ねて、脚が細くなってきているのに、ブカブカのスラックスを履いていませんか?若者のようにピタピタのズボンもおかしいけれど、ほどよくゆとりがあって、美しく見えるスラックスの幅をご自身で見極めましょう。私の裾幅は細めの19センチ以下です。

画像(320x247)・拡大画像(640x494)

イラスト・YAB

己を知り、眼鏡のフレームやネクタイの結び目の大きさ、帽子のつばの形状まで、ベストな分量を追求する。このバランス感覚こそが、粋かどうかの分かれ道です。

そして繰り返し申し上げていますが、「色の調和」も大切。白やグレーのほかは、青や茶を中心に2色までに絞ります。

ジャケット、シャツ、ネクタイ、ポケットチーフのそれぞれが色を拾いながら重なっていくコーディネートが基本。自分を引き立ててくれる色は、春めいた色彩なのか、秋を感じさせる落ち着いたトーンなのか、肌色との関連で知っておくことも重要でしょう。

こうした自己観察によって、新たな発見もあるでしょう。よく鏡を見て、己を知る。着ることをおろそかにする人は、人生もたいしたことがないと私が考える理由でもあります。

========================================
朝日新聞社に無断で転載することを禁止します
========================================

Posted by インコントロ STAFF at 09時00分   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

7

2014


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

PHOTO

菊池さん的紺ブレの着こなしテク

菊池さん的紺ブレの着こなしテク

インコントロ公式WEBサイト公開しました

インコントロ公式WEBサイト公開しました

MEN'S EX 9月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.20

MEN'S EX 9月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.20

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.