AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2010年08月06日(金)

MEN'S EX 9月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.20 [MEN'S EX 掲載記事]

画像(90x178)

「ジャケットの合わせは柄の大きさをケンカさせないのがコツ!」

真のクラシックを追求し、服のみならず、生き方そのものに自らのスタイルをもつ男、赤峰幸生。
氏が考える、粋なスタイルを伝授する連載。第20回は、柄ものジャケットのコーディネイトについてです。


画像(64x180)・拡大画像(198x552)

■その1 ストライプジャケットの着こなし■
柄の大きさに変化をつけましょう!
ロキャロンのフランネルフィニッシュによる生地を使ったアカミネロイヤルラインのクラブジャケットを軸に、レセントのニット、Y.アカミネのシャツ、シャルベのチーフ、リーバイスのコーデュロイパンツ、コンバースのオールスターという合わせ。「ジャケット、ニット、シャツと、柄はいろいろ使っていながら、色を絞っているのと柄同士がケンカしていないよう工夫しているので、全体でみるときれいに調和が取れています」
 

画像(118x180)・拡大画像(143x218)

きれいな大中小の柄合わせです!
ネイビーの太いストライプに対し、ニットはジオメトリックの小ぶりな柄、シャツは親子のストライプを合わせ、柄の大きさに変化をつけてそれぞれの柄が上手く融合するようコーディネイト。JKのグレイに合わせてチーフは白でなくグレイを。

 
■柄合わせは、太さや大きさを変えてあげることが大切
M.E.  柄ものジャケットのコーディネイトで中も柄ものを合わせる際に、うまくまとめるコツを教えてください。
赤峰  デザインや素材も大切ですけど、色を着るのが一番のプライオリティとしてあります。原則としてVゾーンに使うのは3色まで。その中で色をどう自分の中に纏いつかせるか、これが大切なんです。その中でこだわりたいのは、柄の大きさです。つまり、柄同士がケンカして非常にトゥーマッチになってしまいますからね。地味に見えるんですけど、実はパターンオンパターンという、難易度の高い着こなしを心掛けることが大切です。柄のジャケットを着る場合、中は無地で逃げがちですけど、最初からそれは安易ですし、着こなしも上達しませんので、挑戦してみてください。
M.E.  ピッチを変えることが大切だと。確かにネイビーのほうの着こなしは、大中小の柄合わせが非常に明快ですね。
赤峰  そうですね。これはタイドアップするときでも中にニットを合わせるときでも、同様に当てはまります。
M.E.  ストライプといえば、スーツもシャツもタイもストライプ、みたいなコーディネイトをたまに見かけますが、あれはどうなんでしょう?
赤峰  うるさすぎてあり得ないですね。モーダの世界ではあるかもしれませんが。ただし、チェック同士の組み合わせは、場合によってはありですよね。いずれにしても柄もののジャケットは、自分のワードロープと照らし合わせて色のかぶりを想像しながら買うことが大切です。シャツやタイを買う場合も、合わせたいジャケットを持参して、お店で実際に合わせながら買うことをオススメします。
M.E.  確かに仰るとおりですね。しっかり参考にさせていただきます。
 
 

画像(65x180)・拡大画像(201x554)

■その2 チェックジャケットの着こなし■
多色使いのJKは、JKの柄色のみを
アカミネロイヤルラインのツイードジャケット、レセントのニットカーディガン、シャルベのシャツ、アイネックスのウールシルクタイ、リヴェラーノ&リヴェラーノのパンツ、綿ボイルを紅茶で煮たチーフ、ストール マンテラッシの靴という合わせ。ニットカーディガンでの差し色がポイントです。
 

画像(128x180)・拡大画像(130x182)

秋の葉っぱの色をイメージしました
ジャケットのチェックに使われている色だけを拾いながら、中も合わせていきます。こういう色を着るときは、必ず情景を思い浮かべてコーディネイトします。だから「ネイビーという色が存在することはあり得ません」。

Posted by インコントロ STAFF at 00時00分 Permalink  コメント ( 3 )

2010年07月06日(火)

MEN'S EX 8月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.19 [MEN'S EX 掲載記事]

画像(90x178)

「コットンスーツこそタイドアップを楽しみます」

真のクラシックを追求し、服のみならず、生き方そのものに自らのスタイルをもつ男、赤峰幸生。
氏が考える、粋なスタイルを伝授する連載。第19回は、ドレスマインドで着るコットンスーツについてです。


画像(66x180)・拡大画像(220x600)

■その1 ダブルスーツの着こなし■
太陽の光に映えるサンクロススーツ
信濃屋オリジナルのイザイアのダブルスーツはコットンツイル製。リヴェラーノ&リヴェラーノのコットンピケのダブルカフスシャツとタイを合わせています。靴はジョン ロブ。「コットンスーツはドレスマインドで着こなしてこそ絵になります。夏場はスーツの色目も積極的に楽しみたいところです。太陽光に映えるサンクロスタイプのベージュの独特な色合いが、洒落感をグッと引き立ててくれます。昼間に着たいスーツですね」

画像(115x180)・拡大画像(193x300)

ベージュのスーツにはブルー系が好相性!
スーツのオレンジがかったベージュと相性のよい明るめブルーのタイでコントラストをつけつつ、シャツの素材感で涼感を生み出しています。タイはジャカードであれば、素材感よりも色目を重視します。

■コットンスーツは今こそドレスアップ!
M.E.  最近はテーラードでもジャージーや洗いのかかった素材が人気で、時代は完全にカジュアルへとシフトしていますよね。コットンスーツもまた、ポロシャツやBDシャツでスポーティに着るのが主流です。
赤峰  ここ最近は簡略化の時代ですから。ただ、略式は裏を返せば正式ではないわけですよね。スーツにポロシャツといったスタイルやジャージージャケットなどのアイテムは、時代の趨勢であり決して否めないのですが、本来の様式からいえば、夏場は麻やコットンのスーツをタイドアップして着るのがエレガントだったわけです。
M.E.  昔のヨーロッパ映画を見ると、確かにそうでした。
赤峰  コットンは決してラフな素材ではないんです。エレガントさを表現できるポテンシャルはウールのスーツにも決してひけを取りません。最近はドレスダウン方向に振った着こなしが多いですけど、コットンスーツをビシッとタイドアップして着こなせれば、逆に新鮮で、格段にエレガントなスタイルに映るはずです。
M.E.  今日の着こなしを見て納得です。
赤峰  それとヨーロッパでは“正式”というものが残っていますから、向こうであまりラフな格好をしすぎると、偉く恥をかくことになりかねません。
M.E.  確かに。タイドアップする際、赤峰先生の中でルールはあるのですか?
赤峰  ツイルやポプリンのシャツは基本的には合わせません。強撚系のボイルやピケ、リネン素材を合わせることが多いですね。それとリネンのポケトチーフが必要不可欠で、間違ってもシルクは挿しません。今日のような格好はヨーロッパではオンでもオフでも、あるいはリゾート地に行ってもフツウにいるごくスタンダードな格好です。それと、タイをするしないにかかわらず、ドレスダウンのマインドで着るのではなく、常にドレスアップのマインドで着ることを心掛けてほしいですね。
M.E.  肝に銘じておきます!
 

画像(67x180)・拡大画像(149x400)

■その2 シングルスーツの着こなし■
クタッしたスーツの雰囲気が絶妙です
リヴェラーノ&リヴェラーノでス ミズーラしたコットンスーツ、アカミネロイヤルラインのリネンシャツ、エルメスのタイ、白のリネンチーフ、ジョン ロブの靴。「7年前に仕立てたスーツですが、着込んでやっと味が出てきました。コットンスーツに合わせるシャツはシャリ感があるものを」

Posted by インコントロ STAFF at 00時00分 Permalink  コメント ( 0 )

2010年06月06日(日)

MEN'S EX 7月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.18 [MEN'S EX 掲載記事]

画像(90x178)

「リゾートスタイルにもドレスマインドが大切です」

画像(142x121)

真のクラシックを追求し、服のみならず、生き方そのものに自らのスタイルをもつ男、赤峰幸生。
氏が考える、粋なスタイルを伝授する連載。第18回は、リゾートスタイル。寛ぎの中にもエレガンスを忘れずに!


 

画像(57x180)・拡大画像(186x582)

■その1 リネンジャケットの着こなし■
水着の上にもジャケットを羽織ります
鹿の子風のリネンジャケット、ラコステの半袖ポロシャツ、エルマンノ ダエッリの水着、オフィスのエスパドリーユという合わせ。「海辺のカフェやプールサイドなどで寛ぐときなどに、こういった感じで水着の上にポロシャツとジャケットをサラリと羽織れれば一人前です。リゾートでのブルーはネイビーではなく、ロイヤルブルーなどの鮮やかな色を選ぶのがポイントです」。ジャケット5万2500円/信濃屋オリジナル(信濃屋馬車道店)
 

■寛ぎの中にもエレガントさを守るのがポイントです
M.E.  ヨーロッパのリゾートファッションって憧れの対象ですけど、実際我々はどう取り入れたらいいんでしょうか。
赤峰  私が学生時代に見て衝撃を受けた1962年のイタリア映画「太陽の下の18才」は、夏のリゾートファッションを知るのに最適です。ヨーロッパのリゾートファッションは当時と今とで全然変わってないんですよね。私とラコステが出会ったのもこの映画の中であり、私のリゾートファッションのベースは、この映画によって築かれました。今見ても学べる点は多々ありますよ。
M.E.  イスキア島でのバカンスムービーですね。夜はみんなドレスアップしている点と、巧みな色使いに目を奪われたのを覚えています。
赤峰  そうですね。裸に近い水着になるリゾート地だからこそ、ドレスアップしてギャップを楽しむわけです。色使いに関しては、太陽の赤×波しぶきの白×海の深い青のトリコロールでまとめたいという思いが、今も昔も私の基本にあります。ちなみに今日はいているのは水着なんですけど、アメリカ西海岸で見られるダボパン的なものはヨーロッパではあり得ません。びっちりした水着こそがヨーロッパ的なんです。海辺のカフェでくつろぐ際はこの上にポロシャツを着て、上にジャケットを羽織るのが基本です。今日はしてないですけど、ペルソールやレイバンのサングラスも欠かせません。足元はスペルガやトップサイダー、コンバースなどが定番です。エスパドリーユもオススメですね。
M.E.  どこかにドレスの薫りを残すのが上手くまとめるコツですか?
赤峰  そのとおり。リゾートだからといってTシャツやジーンズでリラックス感を追求するのではなく、ドレス感のあるスポーツスタイルにまとめるのが、エレガントな大人のリゾートファッションといえます。そんなわけで、赤いブルゾンを着たもうひとつのスタイルも、トップグレイの綿パンツを合わせています。強い色を着ていても色数を絞ってまとめれば、シックさをキープしながら大人のスタイルを築けるはずです。
M.E.  なるほど。
赤峰  皆さんグレイのウールパンツは持っていますけど、綿のグレイパンツになると意外と持っていないんですよね。これは使えて大変重宝しますので、是非オススメしたいアイテムです。
 

画像(62x180)・拡大画像(150x435)

■その2 ナイロンブルゾンの着こなし■
上質素材を合わせて上品にまとめます
ノースセールのブルゾン、ハイドロゲンのコットンニット、エドワーズ ホフのコットンパンツ、コンバースの合わせ。「風が強い海辺では、ナイロンブルゾンをよく着ます。ハイゲージのコットンニットや、コットンキャンパスのグレイパンツなどでサラリと上質感を表現するのがポイントです。

Posted by インコントロ STAFF at 00時00分 Permalink  コメント ( 0 )

2010年05月11日(火)

5月27、28日サンプルセール開催します! [サンプルセール]

画像(124x180)・拡大画像(428x620)

いつもAKAMINE BLOGをご高覧いただき、誠に有難うございます。来る5/27(木)、28(金)の両日am10:00〜pm8:00迄、白金台オフィス兼ショールームにて、2010SS Akamine Royal Lineのサンプルセールを開催致します!ご案内DMをお持ちでなくこちらのBLOGでのご案内をご覧の方々もご来場、大歓迎でございます。また、セールと同時期にAKAMINE ROYAL LINEのパターンオーダーも承ります。
是非、この機会にご来場くださいませ。スタッフ一同、心よりお待ちしております。
 
 ◆日時◆
 5/27日(木)、28日(金) am10:00〜pm8:00

 ◆場所◆
 株式会社インコントロ(オフィス兼ショールーム)
 港区白金台5-5-7 ガーデンコート白金台301
 【MAP

Posted by インコントロ STAFF at 13時22分 Permalink  コメント ( 1 )

2010年05月06日(木)

MEN'S EX 6月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.17 [MEN'S EX 掲載記事]

画像(90x178)

「リネン&コットンジャケットで色を積極的に楽しみましょう」

真のクラシックを追求し、服のみならず、生き方そのものに自らのスタイルをもつ男、赤峰幸生。
氏が考える、男のお洒落を伝授する連載。第17回は、春夏ならではのコットン&リネンジャケット。


画像(60x180)・拡大画像(200x599)

■その1 リネンジャケットの着こなし■
茶系ベージュを夏の素材で楽しみます
12年前にス ミズーラしたリヴェラーノ&リヴェラーノのリネンジャケット、アカミネロイヤルラインのハケメシャツとコットンパンツ、シャルベのタイ&2枚使いのシルクチーフ、ニュー&リングウッドの靴という合わせ。以前にもご提案されていた春夏の茶系合わせですが、やはり夏の素材合わせと絶妙な色味で涼しく洒落て見えます。「キーワードはブラウン、ベージュ、オレンジの3色。これを夏の素材でまとめるのが今年の気分!」

画像(117x180)・拡大画像(126x193)

茶系ベージュとオレンジは相性◎
リネン100%のヘリンボーンのブラウンベージュ。ジャケットの色味そのものもそうですが、これにオレンジのトーンを組み合わせるのが、今最も気になっているコーディネイトだそう。チーフはベージュとオレンジの2枚使い。

■リネン&コットンジャケットで色を積極的に楽しみましょう
赤峰  服を積極的に楽しみたいという時代の気分も手伝って、従来のテーラード然としたジャケットとは異なる、ブルゾン感覚で羽織れる肩パッドを省いた軽快な仕立てのジャケットの人気が加速しています。グレイのウールパンツと合わせる決まりも薄まり、コットンパンツや5ポケットパンツを合わせる人も多くなってきました。
M.E.  確かに合わせ方も変わってきました。
赤峰  その中で今回選んだのは、暖色系ブラウンベージュのリネンジャケットです。今年のジャケットスタイルは、ベージュ系のグラデーションで楽しみながら、中にオレンジを取り入れるのが気分ですね。暖色系ベージュとオレンジの組み合わせは、今後注目の合わせになると思います。パンツもベージュのコットンです。
M.E.  凄く新鮮に映ります。
赤峰  もうひとつのコーディネイトは、ロイヤルブルーのコットンジャケットと赤と白のコンビネーションです。イタリア人もフランス人も、夏といえば海、海といえばトリコロールですよね。これはそれを表現した、ベーシックな夏のジャケットスタイルです。唯一気をつけるべきは、ネイビーの色がダークではダメだということ。このロイヤルブルーも最近はだいぶポピュラーになりましたけどね。
M.E.  カジュアルの嗜好がヨーロッパ並みになってきた証ですね。それと気になったのは、夏らしいリネンやコットンのジャケットを上手く合わせている点です。
赤峰  そうですね。季節の素材を楽しむのは、ファッションの基本中の基本です。夏にリネンやコットンのジャケットは欠かせません。それをグレイのウールパンツとは違う合わせで楽しんでみるのが、今年らしい着こなしといえます。それと、リーバイスの501のようなはき込んだものが、トップスでも人気になっていますよね。製品洗いや製品染めはその典型。本当は私のように着込んで自然な味を楽しんでほしいのですが、最初から着込んだ感じを楽しめるのも、今の気分なのだと思います。ただ、いかなるものが出ても、中に着て一番似合うのは白シャツなんです。
 

画像(66x180)・拡大画像(148x400)

■その2 コットンジャケットの着こなし■
JKはネイビーではなくブルーを
12年着ているリヴェラーノ&リヴェラーノの綿ポプリンのJK、ラコステのBDポロ。ドルモアのボーダーニット、シャルベの青シルクと白リネンのチーフ2枚挿し、アカミネロイヤルラインのコットンパンツ、エスパドリーユの合わせ。「JKはネイビーではなくロイヤルブルーがポイント」。

Posted by インコントロ STAFF at 00時00分 Permalink  コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

8

2010


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        



赤峰 幸生 (あかみね ゆきお)

● イタリア語で「出会い」の意のインコントロは、大手百貨店やセレクトショップ、海外テキスタイルメーカーなどの企業戦略やコンセプトワークのコンサルティングを行う。2007年秋冬からは『真のドレスを求めたい男たちへ』をテーマにした自作ブランド「Akamine Royal Line」の服作りを通じて質実のある真の男のダンディズムを追及。平行して、(財)ファッション人材育成機構設立メンバー、繊研新聞や朝日新聞などへの執筆活動も行う。国際的な感覚を持ちながら、日本のトラディショナルが分かるディレクター兼デザイナーとして世界を舞台に活躍。 Men’s Ex、OCEANSに連載。MONOCLE(www.monocle.com)、MONSIEUR(www.monsieur.fr)へも一部掲載中。

PHOTO

今月の赤峰ワードローブ

今月の赤峰ワードローブ

MEN'S EX 2月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.14

MEN'S EX 2月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.14

朝日新聞be on Saturday " 赤峰幸生の男の流儀 「スロー」が生む価値 2013年10月19日(土)掲載"

朝日新聞be on Saturday " 赤峰幸生の男の流儀 「スロー」が生む価値 2013年10月19日(土)掲載"

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.