AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2013年09月20日(金)

Akamine in Europe [Weekly Akamine]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

ところで、ヒースロー空港にはこんな名前のお店があるんです。鳥丼、いただきました!

Posted by インコントロ STAFF at 09時27分 Permalink

Akamine in Europe [Weekly Akamine]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

今回のロンドンの旅では、マーガレット・ハウエル女史と30年ぶりに再会しました。お互いに、少し年を取ったかな・・・?

Posted by インコントロ STAFF at 09時23分 Permalink

2013年09月19日(木)

Akamine in Europe [Weekly Akamine]

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

2013年9月13日、この日はウェリントンのFox Brothers社を訪問しました。ダグラス社長と。

画像(135x180)・拡大画像(480x640)

翌日はサビルロウへ。タイショップDrakesでのショットですが、ロンドンのあまりの寒さに堪えかねて、コベントガーデンのThe Vintage Showroomで購入したウールコートを羽織っています。

Posted by インコントロ STAFF at 15時05分 Permalink

2013年09月18日(水)

Akamine in Europe [Weekly Akamine]

画像(134x180)・拡大画像(479x640)

ミラノの展示会場でポール・スミス氏と再会。
Gentlemen in Navyです。

Posted by インコントロ STAFF at 11時30分 Permalink

2013年09月17日(火)

Akamine in Europe [Weekly Akamine]

画像(134x180)・拡大画像(479x640)

しばらくお休みしていたGood Morning Akamineですが、ヨーロッパ滞在中の赤峰のショットを随時ご紹介してまいります。

【ミラノのRistorate Ribot前にて】

Posted by インコントロ STAFF at 13時22分 Permalink

2013年09月12日(木)

MEN'S EX 2013年10月号 赤峰幸生の「服育のすゝめ」 vol. 10 [MEN'S EX 掲載記事]

自分の定番≠作ろう その@

『リヴェラーノ&リヴェラーノ』

消費的なファッションから真の洒落者は生まれない

仕事柄、世界各地で多くの洒落者を目にする機会がありますが、彼らには共通する点があります。それは、確固たる自分のスタイルを持っているということ。誰かの家を訪ねたとき、その人の生活が染み込んだ、その家ならではの匂いを感じるように、着こなしからその人ならではの匂いが薫る。そんな装いを見ると「こいつ、ヤリな」と思ってしまいます。

自分のスタイルを確立する方法。それは、これと決めた自分の定番アイテムを、ある程度長く着続けていくことです。すると、服が自分に一体化して着こなせる≠謔、になります。そして、自分ならでのスタイルが培われていくのです。

トレンドを追い求めるあまり、消費的なファッションの陥っていないでしょうか。それでは、自分のスタイルを築くことはできません。自分の定番を持っている人は、流行に振り回されるのではなく、自分の定番を軸として、そこに流行を調味料のように加えます。そのため、時代遅れに映ることもないのです。そんな自分の定番≠作るためのご参考に、私が愛する定番をご紹介しましょう。

画像(229x320)・拡大画像(458x640)

初回の赤峰的定番は、フィレンツェのサルト、リヴェラーノ&リヴェラーノのスーツ。現オーナーのアントニオとは30年来の友人で、今では家族ぐるみの付き合い。もちろん他のサルトとも交流を持っていますが、リヴェラーノは行きつけとしてとりわけ懇意にしています。今まで何着もス ミズーラしましたが、それらはすべて私の定番品。10年、15年前に作った服もいまだに来ています。

私がなぜリヴェラーノにこだわるのか。……その理由を説明するのは、実は少々難しいことです。特徴的なディテールはいくつかありますが、私にとってそれらは、リヴェラーノにこだわる最大の理由にはなりません。強いて言うなれば、アントニオとの信頼関係。これが一番の理由です。注文服においては、作り手との意思疎通が最も重要。互いの好みと美意識を理解し、共感してこそ、満足のいく一着が生まれるのです。アントニオは私の最も良き理解者のひとり。生地から仕立ての好みまで、完全に把握しています。私が彼を訪ねると、彼は店の奥から、他の客には出さないような、目付けのある重厚な生地を出してきます。生地に対する私のこだわりとして、横糸の密度が高いヘビーウェイトのものを選ぶ、というものがあります。10年、20年と長く着るためには、耐久性が重要だからです。よって私のスーツはもっぱら、英国生地や自分で企画した日本生地で仕立てられたものるその重厚な生地を使いつつ、仕立ては柔らかく。これが私のこだわりなのです。アントニオはそんな私の好みを重々知っているからこそ、とっておきの生地を出してくれるのです。

「クラシックはひとつ」とアントニオはいつも語ります。数多くのサルトをとっかえひっかえするのではなく、軸足をひとつに置くべしという意味です。こんな考え方も大いに賛同するところ。私のクラシックスタイルを体現する一着が、リヴェラーノのスーツなのです。

今月の総括

長く愛用する自分の定番を持てば、流行を超えたスタイルを築ける

Posted by インコントロ STAFF at 10時09分 Permalink

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

9

2013


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          



赤峰 幸生 (あかみね ゆきお)

● イタリア語で「出会い」の意のインコントロは、大手百貨店やセレクトショップ、海外テキスタイルメーカーなどの企業戦略やコンセプトワークのコンサルティングを行う。2007年秋冬からは『真のドレスを求めたい男たちへ』をテーマにした自作ブランド「Akamine Royal Line」の服作りを通じて質実のある真の男のダンディズムを追及。平行して、(財)ファッション人材育成機構設立メンバー、繊研新聞や朝日新聞などへの執筆活動も行う。国際的な感覚を持ちながら、日本のトラディショナルが分かるディレクター兼デザイナーとして世界を舞台に活躍。 Men’s Ex、OCEANSに連載。MONOCLE(www.monocle.com)、MONSIEUR(www.monsieur.fr)へも一部掲載中。

PHOTO

赤峰さん的マフィアの着こなしテク

赤峰さん的マフィアの着こなしテク

今月の赤峰ワードローブ

今月の赤峰ワードローブ

朝日新聞掲載「鮮やかに軽やかに『イタリアの夏』表現」

朝日新聞掲載「鮮やかに軽やかに『イタリアの夏』表現」

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.