AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2009年08月06日(木)

MEN'S EX 9月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.09 [MEN'S EX 掲載記事]

画像(90x178)

「紺ブレ&紺ジャケットの着こなし」

真のクラシックを追求し、服のみならず、生き方そのものに自らのスタイルをもつ男、赤峰幸生。
氏が考える、男のお洒落を伝授する連載。第9回は、「紺ブレ&紺ジャケット」についてです。
6つの着こなしを披露していただきながら、氏のイズムをお話しいただきます。


 
Q 赤峰先生の定番ブレザーは?
梳毛ならサージ、紡毛ならフランネルです
万能という意味で選ぶなら、よく着ているのはウーステッドのサージです。それと、特にこれからの季節は目付けのしっかりとしたフランネルのブレザーは欠かせない存在です。ともにビシッとタイドアップして着ると非常にサマになります。オンもオフも選ばない紺のブレザーとなると、平織りタイプで素材の凹凸感がしっかりしているホップサックやバスケットなどが私の定番です。
 

画像(68x180)・拡大画像(200x523)

(←)着こなし1
秋冬には欠かせないフランネルの紺ブレザー
信濃屋別注によるイザイアのフランネル製ブレザーに、アカミネロイヤルラインのジャカード織りの白シャツ&フランネルパンツ、英国のヴィンテージタイをコーディネイト。ブレザーが深みのあるネイビーのときは、赤を差し色で取り入れるのがお気に入りスタイルです。ブレザー/イザイア(信濃屋馬車道店)

画像(69x101)・拡大画像(137x200)

■フラノのブレザーには素材感のあるシャツを
フランネルのブレザーは素材感がのっぺりしているので、凹凸間がしっかりしているホップサックやバスケットなどが私の定番です。

Q 金ボタンと銀ボタンの違いは?
銀ボタンはドレッシーという認識です
メタルボタンも金ボタンと銀ボタンでは、銀ボタンのほうがドレッシーという認識です。ですので、金ボタンはパンツをさほど選ばないのに対し、シルバーボタンの場合、特に秋冬はグレイのフランネルやサキソニーのパンツを基本的に合わせています。一方、金ボタンのブレザーは、上の写真のようにもうちょっとカジュアルな格好に合わせています。

画像(61x180)・拡大画像(150x440)

(←)着こなし2
金ボタンのブレザーの合わせは洒落た中にもスポーティな装いで
オフの中でのドレスアップ。「葉山のリゾートのお洒落して出掛けるときに」。フランネルの3パッチポケットの紺ブレに、レジメンタイ、ホワイトフランネルのパンツという合わせ。スポーティかつエレガント。ブレザー/イザイア(信濃屋馬車道店)

画像(63x75)

■ブルー軸の着こなしは赤をスパイスに
海を意識したブルー軸の着こなし。ジャケットは羽織る感じで、真ん中のボタンに力が入るように着ます。「ブルー系コーディネイトに赤をワンポイント入れたスタイリングは、私の定番」。

■紺ブレの基本は梳毛サージとフランネル
M.E.  ひと口に紺のブレザーといっても、シングルもあればダブルもありますし、メタルボタンにしても金と銀があって、さらに言うと、プレーンなタイプもあれば、ロゴ入りタイプもありますよね。素材もウーステッドからフランネル、カシミアまで、幅広くあります。
赤峰  そうですね。紺のブレザーは基本の基のアイテムで、一枚持っていれば安心みたいな感覚がありますけど、実は奥が深いんですよね。色も、ミッドナイトブルー、インクブルー、ロイヤルブルーと、トーンの違いでいろいろありますから。ちなみに、一般的にはブラケッシュなネイビー、つまり、黒に近い紺ほどドレッシーとされています。
M.E.  確かに色で印象はだいぶ変わってきますよね。素材については?
赤峰  ブレザーにおいてはウーステッドのサージが基本で、これはあらゆるシーンで万能です。それに並ぶ基本としてあげられるのがフランネルです。そもそもフランネルはブレザーと非常に相性がいい素材で、打ち込みがいい英国製ものなら、普通に10年は着られます。
M.E.  とは言えフランネルのブレザーってそんなに数が出るものではないので、最近は扱っている店も少ないですよね。
赤峰  そうですね。本当は信濃屋さんのように定番アイテムとして何十年も扱い続けていかないと、クラシックの土壌は育っていかないんですけどね。私の中で、フランネルのネイビーブレザーは絶対欠かせないアイテムです。
M.E.  わかりました。それ以外だと?
赤峰  ほかのところでは、バスケットとかホップサックなど、凹凸感がある平織りタイプの生地ですね。これは、オンにもオフにも着られる使い勝手のよさがあってオススメです。
 
■ボタンの色ひとつで合わせる服も変わります
M.E.  なるほど。ではメタルボタンですけど、シルバーとゴールドの使い分けはどうされているのですか?
赤峰  僕にとってシルバーのメタルボタンはドレッシーという位置づけです。カジュアルなボトムスには、ゴールドボタンのものを合わせます。シルバーボタンのブレザーには、ミディアムグレイ〜ミディアムライトグレイのサキソニーかフランネルのトラウザーズ、それに茶のスエードか黒のカーフの靴を合わせます。
M.E.  メタルボタンひとつで合わせる服がだいぶ変わってくるわけですね。紋章入りのボタンはいかがです?
赤峰  紋章入りはときにボタンに存在感が出すぎてスタイルが重くなってしまうんです。プレーンなほうが、紋章入りよりもコーディネイトしやすいですよね。
M.E.  なるほど。好みの着こなしは?
赤峰  紺のブレザー&ジャケットの着こなしは、何よりも色合わせがキモだと思うんです。今回も実践しましたけど、色の引き締まったネイビーに、白シャツ、タイで赤を取り入れたスタイルが好きですね。一方で、明るめのネイビーには茶系が相性いいので、ブルーを軸に茶&ベージュ系でまとめたスタイルも好みです。後者はよりオフの感覚が強くなりますね。
M.E.  もうひとつ知りたいのは、ジーンズを合わせるときのコツです。
赤峰  そうですね。ジャストサイズのジーンズだと、ジャケットに対してパンツのラインが細すぎてしまい、上着がボクシーに見えてしまうんですよね。上着からヒップラインまで自然に繋げて見せるには、ワタリ幅があってモモに適度なゆとりがあるほうがいいんです。ブレザーもちょっとしたことに気を配るだけで、着こなしに深みが生まれるんです。
M.E.  なるほど。教えていただいたもろもろ、早速実践あるのみですね!
 
 

画像(62x180)・拡大画像(150x431)

(←)着こなし3
紺のジャケットに合わせるデニムにはゆとりあるシルエットを
リヴェラーノ&リヴェラーノで仕立てたバスケット織りのジャケットに、赤のカシミアニット&ストライプシャツ、それにヴィンテージのリーバイス501.ピタピタのジーンズはNG。ジャケットとの繋がりを考えて、ワタリにゆとりのあるものを合わせるのがポイントです。

画像(63x48)

紺のJKには赤の差し色が効果的です
着こなし2同様、これもブルー+赤のワンポイントの合わせ。クルーネックは首周りがやや下がっているもののほうが相性◎。シャツ襟は左右非対称の表情をつけるのが赤峰流定番。

画像(69x180)・拡大画像(150x391)

(←)着こなし4
明るめのブルーのJKには茶&ベージュの合わせが好相性
リヴェラーノ&リヴェラーノで仕立てたラムズウールのジャケット&キャバルリーツイルのパンツに茶系のシャツ&タイをコーディネイト。「濃紺に茶はあまり合わせませんが、ブルーに近い明るい紺と茶は非常に相性がよく、好きな合わせのひとつです。ホーンボタンの色とパンツの色が合っているのもポイントです」。

画像(64x81)

ブルーと茶の合わせは赤峰的大定番
茶のギンガムチェックシャツとタータンチェックのポプリンウールのタイをコーディネイト。「伊の田舎のオヤジの合わせです。温かみのある色合わせがポイントかな」。

画像(68x180)・拡大画像(150x397)

(←)着こなし5
ミリタリー調紺ジャケットにはリラックス感あふれるオフホワイトを
超普段着のスタイルで、遊びのジャケットという位置づけ。ミリタリー調紺ジャケットの中に、ウーステッドのVネックニットを合わせ、下はリーバイスのコーデュロイとスペルガのスニーカー。「ネイビーと白の2色でまとめてみましたが、純白ではなくオフ白を選んでいるのがポイントです」。

画像(63x50)

ノータイ時はボールドなストライプを
ノータイでリラックス感を出したいとき、ピッチの細かなストライプのほうがしっくりまとまります。襟の表情に変化をつけるのを忘れずに。

画像(68x180)・拡大画像(150x397)

(←)着こなし6
カーディガン感覚で羽織るブルーのブレザースタイル
細番手のサージのブレザーはリヴェラーノで15年前にス・ミズーラ。チルデンタイプのニット、ポプリンのシャツ、ハウンズトゥースチェックのパンツはアカミネロイヤルライン。ローファーはジャン バディ。「上1つ掛けで無造作感を出してみました。ブルーのグラデーションで、これに無地のタイを合わせてもいいですね」。

画像(64x83)

ブルーのグラデにスパイスの赤
ブルーのグラデーションで合わせながら、赤を利かせています。ブレザーは上1つ掛けで合わせていますが、JKを着るというよりはカーディガンを羽織るような感覚で。

今月のおさらい

画像(320x220)・拡大画像(397x274)

 紺ブレの基本は梳毛サージとフランネル、オン・オフ両用ならざっくり平織りタイプを
 シルバーメタルのブレザーはドレッシーに、ゴールドメタルはややくだけた合わせを
 ネイビー×白のスタイリングには差し色使いの赤が効果的

Posted by インコントロ STAFF at 00時00分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

8

2009


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

PHOTO

朝日新聞be on Saturday『赤峰幸生の男の流儀‘クラシックを意識するなら’』2012年10月6日(土)掲載

朝日新聞be on Saturday『赤峰幸生の男の流儀‘クラシックを意識するなら’』2012年10月6日(土)掲載

服の立ち位置【上質を極めるとは】

服の立ち位置【上質を極めるとは】

Men's EX Christmas Party!!

Men's EX Christmas Party!!

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.