AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2013年03月18日(月)

朝日新聞be on Saturday "『赤峰幸生の男の流儀』 「男もカラフル」にご用心 2013年3月16日(土)掲載" [朝日新聞掲載記事]

画像(320x86)・拡大画像(480x130)

この春は、「男性の装いにも色や柄を」という提案が花盛りです。ドレスでもカジュアルでも、黄や赤、緑とカラフルな商品が店頭に並んでいます。
 
明るい色を求める時代の気分は確かにあると思うのですが、「男の三原色」である青、茶、グレーのほかは難しいと心得てください。例えば赤や黄のカラーパンツが新しい流行として打ち出されていますが、靴の色が合わせにくい。スニーカーに逃げると大人のドレッシーさは損なわれます。プレーンな白である、コンバースのオールスターあたりで何とか、といったところでしょうか。
 
「変わったもの、新しいものがいい」「差異こそがファッションである」という考え方には立ちません。
目先の商戦に巻き込まれず、まずは基本を確立することが大切です。
 
それは、「色は統一してこそ楽しめる」ということ。
まずは「男の三原色」を中心に色数を2色(+白)までに抑えます。そしてあくまでアクセントとして、分量を控えめに、そのほかの色を取り入れていくのです。
 
私はよく自然から色合わせに思いを巡らせます。例えば今年の流行色であるグリーンは、葉の色。木の幹は茶系ですから、スラックスは茶やベージュ、あるいは万能のグレーになります。そこに小さな葉のように、ネクタイやポケットチーフの一部に緑を使うのです。
 

画像(180x155)・拡大画像(300x259)

イラスト・YAB

難しいので勧めませんが、セーターのような大きな面積で緑を取り入れるなら、ジャケットを羽織って緑が少しだけ見えるようにコーディネートした方が決まります。

新芽のような明るいグリーンは「さあ春だ」とビタミンを補給してくれます。
上手に取り入れるのが粋ですね!

=============================================
*朝日新聞社に無断で転載することを禁止します。

Posted by インコントロ STAFF at 09時43分

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

3

2013


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

PHOTO

赤峰さんの着こなしテク

赤峰さんの着こなしテク

日・伊・英、スーツ3賢人が伝授する「スポシック」の極意!

日・伊・英、スーツ3賢人が伝授する「スポシック」の極意!

朝日新聞be on Saturday『赤峰幸生の男の流儀‘センスは染み込ませるもの’』2012年9月8日(土)掲載

朝日新聞be on Saturday『赤峰幸生の男の流儀‘センスは染み込ませるもの’』2012年9月8日(土)掲載

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.