AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2013年03月05日(火)

MEN'S EX 2013年4月号 赤峰幸生の『服育のすゝめ』 vol.4 [MEN'S EX 掲載記事]

季節の装いを知る その@
『春は花色を取り入れる』


これまで3回にわたって、映画に学ぶ紳士の服装術についてお話しさせていただきました。しかしひとつ言い忘れていたことがあります。スクリーンのなかの服装をただ真似るだけではいけません。服装はシーンに空気のように溶け込まなくてはいけないのです。名優たちは物語のなか、絵のように美しい立ち居振る舞いでいます。決して服だけ浮いてしまうことはありません。

 お洒落な服装は、常に場の空気と一体でなくてはなりません。それは着ていく場所と同時に、四季折々との整合性も重要です。お洒落のポイントは自然と場の空気に溶け込む季節の色を纏うことなのです。冬の枯れ草にはツイードのジャケット。空のグレーにはフランネルのスーツ。秋の落ち葉の黄や紅の濃色は、ニットタイで取り入れるのがよいでしょう。夏の空、海の碧は鹿の子のポロシャツが似合います。枯れ木に緑が芽吹き、色とりどりの花が咲き乱れる季節には、華やかな赤のシルクタイ……。

 ヨーロッパでも季節の花々の色を取れ入れる着こなしは伝統的に受け継がれています。なかでも紫から赤の花色は人気の高い色使いです。春はライラック、初夏はラベンダー、夏から秋へはアザミやヒースの色。華やかな赤色も季節によってトーンは様々。これを上手に着こなして取り入れることで、装いに季節を感じさせることができるのです。
 

画像(246x320)・拡大画像(400x520)

 
春の時季、私ならこんな装いで……

私ならスーツはグレー味のあるブルーのモヘア。冬の灰色の空から、春の明るい青空へ移り変わる途中をイメージさせる色です。普通の青よりも、一段明るい色を選べば、より春らしさを表現できるでしょう。素材はドーメルの「トニック」。春とはいえ、最低目付け350g/u程度は欲しいところです。打込みがよくずっしりと量感ある素材は型崩れしにくく、スーツを長く愛するためには不可欠ですから。シャツはブロードより少し薄手のコットン。春の花、ライラックの薄いパープルに近いもの、タイとチーフはお気に入りのシャルベを。共にシルク地で、色はボルドーと中間的なパープルカラー。春の花々の赤がそのイメージです。スーツの大地に花を咲かせる。これぞ真の「旬」の色といえるでしょう。

真の意味での「旬」は毎年巡りくるものです

 近頃は軽々しく流行を「旬」と呼ぶことが多くなったように思います。「旬」という言葉は本来、季節の食物に使うもの。毎年のようにやってくる普遍的なものです。しかし近年使われる洋服の「旬」とは、通り過ぎて行くだけの「流行」に過ぎません。流行りものは必ず廃れるというのに。私は「流行」ではなく「旬」を求めます。今春は豊富な色がトレンドだそうですが、私は常に季節の色を取り入れることで流行とは一線を引いています。「旬」という言葉をいま一度見直してこそ、普遍的な「洒落」に近づけるのです。
 
 

画像(174x180)・拡大画像(300x309)

赤峰さんが色を着るのは「流行だから」ではなく、「季節」に合わせた着こなしをするため。ベースは海や空、大地の色。シャツタイやチーフ、小物などに動植物や花の色を差すことで、景色に溶けこむ装いを意識する。スーツ生地は軽量なものより、しっかり重さのあるものを選んで。これもまた流行に左右されない服装術だ。

Posted by インコントロ STAFF at 13時49分 Permalink

2013年03月04日(月)

朝日新聞be on Saturday "『赤峰幸生の男の流儀 『ポケットチーフの効用』 2013年3月2日(土)掲載" [朝日新聞掲載記事]

画像(320x86)・拡大画像(480x130)

クールビズの季節でもないのに、ネクタイをしない男性が増えました。しかし、ネクタイをせずにスーツスタイルを完成させられるのは相当な上級者。ビシッとネクタイをしなければカッコよくありません! と強く申し上げたい。

 
ネクタイを第1のアクセントとすれば、第2は胸に挿すポケットチーフ。最近は増えてきたものの、なお大多数の男性が気恥ずかしさからか、敬遠しているようです。毎日の装いに欠かしたことがない私からすれば、「クリープを入れないコーヒー」のようなもので、いま一つ物足りない。「作業着」としてスーツを着る感覚を捨て、オフィシャルな場に向かうドレスアップと心得たいものです。

 
チーフは何も難しいことではありません。四角にたたんで「TVホールド」、中央をつまんで丸め、ふんわりした側を見せる「パフト」や逆に角を花びらのように見せる「クラッシュト」で一丁上がりです。欧州ではチーフで鼻をかみ、ポケットに突っ込む男性も見かけます。男は「無造作」がいい。

 
素材は綿100%、色は白が基本。明るい色が入ることで全体を引き立たせ、胸にボリュームのない人は着こなしに立体感が作れます。ポケットからのぞかせる分量は控えめでいきましょう。
 

さらにシルクのプリント柄に進むもよし、夏なら麻が粋ですね。色を加えるなら、ネクタイよりも、スーツの色に合わせた濃淡で考えた方が簡単です。
 

画像(180x155)・拡大画像(300x259)

イラスト・YAB

高いものでなくていいので、半ダースほど買って、どんどん楽しんでみてはいかがでしょう。もともとチーフを挿すことを前提にスーツはデザインされているのですから、それなしでは何とも寂しいと思えてくるはずです。

=============================================
*朝日新聞社に無断で転載することを禁止します。

Posted by インコントロ STAFF at 16時33分 Permalink

2013年02月28日(木)

Good Morning Akamine [Weekly Akamine]

如月第五週(9/52週)

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年2月26日(火)癸亥

【オリジナル クラン タータン タイ】

Original Clan Tartan Tie

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年2月27日(水)甲子

【グレイ ヘリンボーン カバーコート】

Grey Herringbone Covercoat

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年2月28日(木)乙丑

【ブリティッシュ ハンティング ジャケット】

British Hunting Jacket

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年3月1日(金)丙寅

【シングルブレストのフランネルスーツとグリーンのタイ】

Single Blested Navy Suit with Peaked Lapel.
Accent is a green tie.



Posted by インコントロ STAFF at 17時04分 Permalink

2013年02月19日(火)

朝日新聞be on Saturday “赤峰幸生の男の流儀” 『クラシック・ニューを探して』 2013年2月16日(土)掲載 [朝日新聞掲載記事]

画像(320x86)・拡大画像(480x130)

年明けにイタリアを回ってきました。フィレンツェで開かれる大規模見本市「ピッティ・ウオモ」や、ミラノの店先で、メンズファッション大国の「今」を感じるためです。

近年のイタリアでは、スーツでもわざと洗いざらしに見せたり、ダメージを加えたりといったテクニックが流行しています。でも、今年はそれももう終わりかな、との印象を受けました。着込んだように見せかけるのは、本当の装いではないということなのでしょう。
 
ファッションはとかく流行と結びつけられますが、私は服というものを大きく三つに分けて考えています。

一つはクリエーターが先駆的な仕事に挑戦した「先駆的商材」、次に時代にマッチして大きなビジネスになり得る「時代的商材」、そしていつまでも変わらず愛される「普遍的商材」です。
 
ボタンホールを色糸でかがったワイシャツ、細すぎるラペルのスーツ、先のとがった靴、やたらと厚みのある大きな腕時計。これらはいつか消えていくものではないでしょうか。
トレンドというのは移り変わるもの。時代性に左右されすぎない視点が大切です。
 
ただこれは、新しいものへの興味を持たないということではありません。私も意欲的に見て回ります。ただ、新しいものを前にしたときに考えるのは、それが「将来のスタンダードになり得るコンテンポラリーかどうか」という点です。
 

画像(180x157)・拡大画像(300x262)

イラスト・YAB

かつてビートルズが登場したとき、彼らはミュージックシーンの異端でした。それが今や「クラシック」とも呼べる存在になっています。ファッションにおいても「クラシック・ニュー」を探すのが粋ですね!

=============================================
*朝日新聞社に無断で転載することを禁止します。

Posted by インコントロ STAFF at 11時08分 Permalink

2013年02月18日(月)

Good Morning Akamine [Weekly Akamine]

如月第三週(7/52週)

画像(135x180)・拡大画像(300x400)

2013年2月11日(日) 戊申

【Cavally Twill Suit】

吹雪の中をロンドンからリーズへ。

Moved from London to Leeds in the blizzard.

画像(135x180)・拡大画像(300x400)

2013年2月12日(火) 己酉

【Heavy-weighted Knit Jakect with shawl collar】

行きつけのサンジェルマン・デ・プレのブラッセリで。

Relaxing at my favorite brasserie in Saint Germain des Prés.

画像(135x180)・拡大画像(300x400)

2013年2月13日(水) 庚戌

【Harris Tweed Hound's Tooth Jacket】

パレ・ロワイヤルの定番カフェで。

I love to visit this café at Palais-Royal.

Posted by インコントロ STAFF at 10時00分 Permalink

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

3

2013


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            



赤峰 幸生 (あかみね ゆきお)

● イタリア語で「出会い」の意のインコントロは、大手百貨店やセレクトショップ、海外テキスタイルメーカーなどの企業戦略やコンセプトワークのコンサルティングを行う。2007年秋冬からは『真のドレスを求めたい男たちへ』をテーマにした自作ブランド「Akamine Royal Line」の服作りを通じて質実のある真の男のダンディズムを追及。平行して、(財)ファッション人材育成機構設立メンバー、繊研新聞や朝日新聞などへの執筆活動も行う。国際的な感覚を持ちながら、日本のトラディショナルが分かるディレクター兼デザイナーとして世界を舞台に活躍。 Men’s Ex、OCEANSに連載。MONOCLE(www.monocle.com)、MONSIEUR(www.monsieur.fr)へも一部掲載中。

PHOTO

MEN'S EX 2011年8月号 赤峰幸生が行く至高のMADE IN JAPAN vol.1クレアシオン

MEN'S EX 2011年8月号 赤峰幸生が行く至高のMADE IN JAPAN vol.1クレアシオン

MEN'S EX 1月号記事「特別講座“正しいマフラーの巻き方”」

MEN'S EX 1月号記事「特別講座“正しいマフラーの巻き方”」

朝日新聞be on Saturday『赤峰幸生の男の流儀‘暑い季節の大人カジュアル’』2012年7月7日(土)掲載

朝日新聞be on Saturday『赤峰幸生の男の流儀‘暑い季節の大人カジュアル’』2012年7月7日(土)掲載

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.