AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2013年03月25日(月)

可愛い訪問者 [INCONTRO NEWS]

今日インコントロにこんなに可愛らしいお客様がありました!

画像(180x119)・拡大画像(400x265)

インコントロとゆかりの深いスタイリストの登地勝志氏とご子息真一くんがご来社されました。

登地さんといえば「ブラックのニットタイ」がトレードマーク。ご覧ください、4歳の真一くんもビシッとお揃いでタイドアップです。
画像では見えないのですが、足元もワラビーのブーツなんですよ。
パパとお出かけのときはこんな風に決める、これぞ「服育」ですね!

※今週末のアウトレットセールには登地氏もご来場、皆さまのコーディネートにピンポイントのアドバイスをしてくださいます。

Posted by インコントロ STAFF at 17時34分 Permalink

2013年03月19日(火)

Good Morning Akamine [Weekly Akamine]

弥生第三週(11/52週)

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年3月12日(火)丁丑

【グリーンのジオメトリックタイ】

Green Geometric Tie

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年3月15日(金)庚辰

【プルーとホワイトのレジメンタルタイ】

Regimental Tie with blue & white

Posted by インコントロ STAFF at 14時51分 Permalink

Premium Outlet Sale開催のお知らせ [サンプルセール]

画像(114x180)・拡大画像(400x628)

いつもAKAMINE BLOGをご訪問いただき誠に有難うございます。

来る3/29(金)、30(土)、31(日)の3日間、インコントロの白金台ショールームにて、Premium Outlet Saleを開催致します!

今回はAkamine Royal Lineのサンプルばかりでなく、ヴィンテージコレクションなども一部出品予定ですので、ご案内DMをお持ちでない方も、「ブログを見た」とお気軽にご来場ください。

また、同時にAkamine Royal Lineのパーソナルオーダーも承ります。
 

◆日 時◆
3月29日(金) 10:00-20:00
3月30日(土) 10:00-18:00
3月31日(日) 10:00-18:00

◆場 所◆
 株式会社インコントロ
 港区白金台5-5-7 ガーデンコート白金台301
 【MAP

Posted by インコントロ STAFF at 13時53分 Permalink

2013年03月18日(月)

朝日新聞be on Saturday "『赤峰幸生の男の流儀』 「男もカラフル」にご用心 2013年3月16日(土)掲載" [朝日新聞掲載記事]

画像(320x86)・拡大画像(480x130)

この春は、「男性の装いにも色や柄を」という提案が花盛りです。ドレスでもカジュアルでも、黄や赤、緑とカラフルな商品が店頭に並んでいます。
 
明るい色を求める時代の気分は確かにあると思うのですが、「男の三原色」である青、茶、グレーのほかは難しいと心得てください。例えば赤や黄のカラーパンツが新しい流行として打ち出されていますが、靴の色が合わせにくい。スニーカーに逃げると大人のドレッシーさは損なわれます。プレーンな白である、コンバースのオールスターあたりで何とか、といったところでしょうか。
 
「変わったもの、新しいものがいい」「差異こそがファッションである」という考え方には立ちません。
目先の商戦に巻き込まれず、まずは基本を確立することが大切です。
 
それは、「色は統一してこそ楽しめる」ということ。
まずは「男の三原色」を中心に色数を2色(+白)までに抑えます。そしてあくまでアクセントとして、分量を控えめに、そのほかの色を取り入れていくのです。
 
私はよく自然から色合わせに思いを巡らせます。例えば今年の流行色であるグリーンは、葉の色。木の幹は茶系ですから、スラックスは茶やベージュ、あるいは万能のグレーになります。そこに小さな葉のように、ネクタイやポケットチーフの一部に緑を使うのです。
 

画像(180x155)・拡大画像(300x259)

イラスト・YAB

難しいので勧めませんが、セーターのような大きな面積で緑を取り入れるなら、ジャケットを羽織って緑が少しだけ見えるようにコーディネートした方が決まります。

新芽のような明るいグリーンは「さあ春だ」とビタミンを補給してくれます。
上手に取り入れるのが粋ですね!

=============================================
*朝日新聞社に無断で転載することを禁止します。

Posted by インコントロ STAFF at 09時43分 Permalink

2013年03月11日(月)

Good Morning Akamine [Weekly Akamine]

弥生第弐週(10/52週)

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年3月4日(月) 己巳
【クラシック ダブルブレスト(6B)スーツ】

Classic Double Blested (6B) Suit

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年3月5日(火) 庚午

【ナイロンのクラシックトレンチコート】

Nayron Classic Trench Coat

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年3月6日(水) 辛未

【バンカーズストライプスーツ】

Bankers' Stripe Suit

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年3月7日(木) 壬申

【オールドアメリカンタイ】

Old American Tie

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年3月8日(金) 癸酉

【スプリングガンクラブジャケット】

Spring Gun Club Jacket

Posted by インコントロ STAFF at 18時10分 Permalink

2013年03月05日(火)

MEN'S EX 2013年4月号 赤峰幸生の『服育のすゝめ』 vol.4 [MEN'S EX 掲載記事]

季節の装いを知る その@
『春は花色を取り入れる』


これまで3回にわたって、映画に学ぶ紳士の服装術についてお話しさせていただきました。しかしひとつ言い忘れていたことがあります。スクリーンのなかの服装をただ真似るだけではいけません。服装はシーンに空気のように溶け込まなくてはいけないのです。名優たちは物語のなか、絵のように美しい立ち居振る舞いでいます。決して服だけ浮いてしまうことはありません。

 お洒落な服装は、常に場の空気と一体でなくてはなりません。それは着ていく場所と同時に、四季折々との整合性も重要です。お洒落のポイントは自然と場の空気に溶け込む季節の色を纏うことなのです。冬の枯れ草にはツイードのジャケット。空のグレーにはフランネルのスーツ。秋の落ち葉の黄や紅の濃色は、ニットタイで取り入れるのがよいでしょう。夏の空、海の碧は鹿の子のポロシャツが似合います。枯れ木に緑が芽吹き、色とりどりの花が咲き乱れる季節には、華やかな赤のシルクタイ……。

 ヨーロッパでも季節の花々の色を取れ入れる着こなしは伝統的に受け継がれています。なかでも紫から赤の花色は人気の高い色使いです。春はライラック、初夏はラベンダー、夏から秋へはアザミやヒースの色。華やかな赤色も季節によってトーンは様々。これを上手に着こなして取り入れることで、装いに季節を感じさせることができるのです。
 

画像(246x320)・拡大画像(400x520)

 
春の時季、私ならこんな装いで……

私ならスーツはグレー味のあるブルーのモヘア。冬の灰色の空から、春の明るい青空へ移り変わる途中をイメージさせる色です。普通の青よりも、一段明るい色を選べば、より春らしさを表現できるでしょう。素材はドーメルの「トニック」。春とはいえ、最低目付け350g/u程度は欲しいところです。打込みがよくずっしりと量感ある素材は型崩れしにくく、スーツを長く愛するためには不可欠ですから。シャツはブロードより少し薄手のコットン。春の花、ライラックの薄いパープルに近いもの、タイとチーフはお気に入りのシャルベを。共にシルク地で、色はボルドーと中間的なパープルカラー。春の花々の赤がそのイメージです。スーツの大地に花を咲かせる。これぞ真の「旬」の色といえるでしょう。

真の意味での「旬」は毎年巡りくるものです

 近頃は軽々しく流行を「旬」と呼ぶことが多くなったように思います。「旬」という言葉は本来、季節の食物に使うもの。毎年のようにやってくる普遍的なものです。しかし近年使われる洋服の「旬」とは、通り過ぎて行くだけの「流行」に過ぎません。流行りものは必ず廃れるというのに。私は「流行」ではなく「旬」を求めます。今春は豊富な色がトレンドだそうですが、私は常に季節の色を取り入れることで流行とは一線を引いています。「旬」という言葉をいま一度見直してこそ、普遍的な「洒落」に近づけるのです。
 
 

画像(174x180)・拡大画像(300x309)

赤峰さんが色を着るのは「流行だから」ではなく、「季節」に合わせた着こなしをするため。ベースは海や空、大地の色。シャツタイやチーフ、小物などに動植物や花の色を差すことで、景色に溶けこむ装いを意識する。スーツ生地は軽量なものより、しっかり重さのあるものを選んで。これもまた流行に左右されない服装術だ。

Posted by インコントロ STAFF at 13時49分 Permalink

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

3

2013


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            



赤峰 幸生 (あかみね ゆきお)

● イタリア語で「出会い」の意のインコントロは、大手百貨店やセレクトショップ、海外テキスタイルメーカーなどの企業戦略やコンセプトワークのコンサルティングを行う。2007年秋冬からは『真のドレスを求めたい男たちへ』をテーマにした自作ブランド「Akamine Royal Line」の服作りを通じて質実のある真の男のダンディズムを追及。平行して、(財)ファッション人材育成機構設立メンバー、繊研新聞や朝日新聞などへの執筆活動も行う。国際的な感覚を持ちながら、日本のトラディショナルが分かるディレクター兼デザイナーとして世界を舞台に活躍。 Men’s Ex、OCEANSに連載。MONOCLE(www.monocle.com)、MONSIEUR(www.monsieur.fr)へも一部掲載中。

PHOTO

MEN'S EX 9月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.20

MEN'S EX 9月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.20

OCEANS 2月号 連載#11

OCEANS 2月号 連載#11

能の未来

能の未来

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.