AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2006年04月24日(月)

OCEANS 6月号 連載#3 [OCEANS掲載記事]

画像(180x245)・拡大画像(400x545)

King of Elegance

マエストロ赤峰の
「粋がわかれば、すべてがわかる」



フィレンツェ的な「粋」


シックな装いとは?という命題に対して、私は自分自身の毎日の着こなしで答えを出している。しかし、それを言葉で伝えるのは難しい。人の振りを見て我が振り直せ、と言うが、それがシックな装いを知るための近道ではないか。そのためには、良きお手本を見つけることが大事だ。私は年に幾度もイタリアへと赴き、多くの服飾関係者に出会うが、その中でも群を抜いてシックだと思う人物がいる。それはフィレンツェでテーラーを営む、(注1)アントニオ・リベラーノ氏だ。今回、旧知の仲である彼とシックについて語らった。

赤峰  日本人がシックに装うためにアドバイスをしてほしい。
アントニオ  私はテーラーだから、顧客がオーダーに来たら、観察と会話でベストを探る。その経験から導いた基本ルールは4つ。1.自分に似合う色を知る 2.シャツとタイのハーモニー 3.靴とベルトのハーモニー 4.いつ、どこへ行くのか? これらはすべて当たり前のことだが、実践できている人はひと握り。また、着こなしの色は2色の範囲でまとめ、(注2)3色目は小さい面積で使うのがコツ。だが、地味ならいいということではない。ピンクだってシックにこなせる。派手にして、目立とうとするのがよくないだけ。
赤峰  その通り。これ見よがしとは、意識の問題でもある。そして、人を真似るのが、シックを身に着ける近道だと言ったが、それが自分に似合うのか判断することも大事。ジャケットの丈、裾幅などは人それぞれ身長によって適した長さが違う。
アントニオ  確かに、スーツには(注3)黄金律がある。されど万能ではない。だから、私はひとりひとりの体に合うようにアレンジする。シックに装うには、ジャストサイズが前提だ。
赤峰  私はアントニオが暮らすフィレンツェ的な着こなしを好む。カンパーニャ(田舎)の自然景観が影響し、ナチュラルな色合いや風合いが好まれ、落ち着いていて品がある。ミラノ、ナポリ、イタリアは都市によって着こなしのテイストが異なる。イタリアンクラシックの中でも、フィレンツェ的なこなし方に粋を感じるのは、そうしたわけだ。

(注1) 「アントニオ・リベラーノ」
前号でも紹介したリベラーノ&リベラーノの当主でありテーラー。フィレンツェにアトリエを構える。日本ではユナイテッドアローズ原宿本店 メンズ館にて既製品を扱い、年2回オーダー会も行う。


(注2) 「3色目は小さい面積」
スーツとシャツは面積が大きいのでベーシックカラーが基本。面積が小さいタイやチーフで色を挿すのが、シックな装いのテクニック。


(注3) 「黄金律」
ジャケットの留めるボタン、2ボタンなら1個目、3ボタン段返りなら2個目のボタンの位置は、ウエストの一番くびれているところに合わせる。アントニオ氏は、そんな基本を踏まえ、パーソナリティに合わせて調整を加える。

 


画像(180x236)・拡大画像(284x373)

アントニオ氏のVゾーンは控えめなカントリー・シック

ブラウン千鳥格子のジャケットをパンツとのセットアップではなく、3ピースでもなく、ベストとの2ピースでこなしているのが洒脱。Vゾーンはブルーを基調とし、タイの素材感がジャケットと絶妙なハーモニーを奏でる。足元はブラウンスウェードのチャッカブーツ。まさに、フィレンツェ的な粋を感じさせる品のあるカントリールック。

画像(180x237)・拡大画像(283x374)

赤峰氏のVゾーンは、色数を抑えながらも個性が際立つ

取材当日の赤峰氏は、全体に寒色系でまとめたコーディネート。グレーのスーツにブルーストライプのシャツを合わせ、タイはブルー系のボーダー、チーフはブルー系のドット。色数は2色に絞りながら、タイとチーフを効果的なアクセントとしている。だから凡庸にならず、メリハリがあって、シックに見えるという手練な算段。

Posted by インコントロ STAFF at 00時00分 Permalink

今月の赤峰ワードローブ [OCEANS掲載記事]

ドライコットンのカーディガン

画像(180x175)・拡大画像(400x390)

ご紹介するアイテムは、マエストロがデザインする自身のブランド、Y.アカミネの2001年春夏コレクションで展開したカーディガン。
映画「太陽の下の18才」をイメージした太番手のドライコットン製で、リゾートで着ることを想定。生成り色のボディにネイビーのトリミングが上品で、氏はラコステのポロシャツを合わせて着こなしているそうである。

Posted by インコントロ STAFF at 00時00分 Permalink

2006年03月24日(金)

OCEANS 5月号 連載#2 [OCEANS掲載記事]

画像(180x245)・拡大画像(400x545)

King of Elegance

マエストロ赤峰の
「粋がわかれば、すべてがわかる」



ラペル幅の粋


まず、前提としてお伝えしたいのだが、私はクラシックを偏愛しているわけではない。モードにはモードの良さがある(でも、私は触手を伸ばさないがね)。そして、どうやら近頃、モードはクラシック寄りになっているようだ。モードはクラシックのアレンジでありアンチテーゼ。クラシックとは基本であり、基本があるからモード=応用がある。応用をこなすために、基本を知る。本末転倒な話ではないだろう。しかしながら、日本は洋服の歴史が欧米に比べて浅いがゆえに、基本をよく理解もせずして、小手先ばかりに気を使い、翻弄されている。

さて、第2回のテーマは「ラペル幅の粋」について。先にモードに触れたのにはわけがある。スーツの印象を決定付けるのは、ラペル幅であるからだ。モードは(注1)ラペル幅をいじることでスーツに個性ををもたらす。正統なスーツのラペルは目立たない。なぜなら、中庸な幅で全体に自然と溶け込むからだ。中庸を具体的な数字で説明すると9.5〜10cmが目安。クラシックスーツならば、恐らくその範囲内であるはずだ。ただし、誤解されないよう付け加えると、基本であることは絶対条件ではない。

例えば、私が着ている(注2)リベラーノ&リベラーノであつらえたジャケットの場合、ラペル幅は9cm。あえて、ややナローにし、モダニティを取り入れている。そういった、基本を知ったうえで好みを反映することは構わない。そしてスーツの顔であるラペルは、幅に加え、(注3)ゴージラインやノッチが一体となって完成される。

今回はラペルについて言及したが、私が伝えたいことは、粋とは「あざとさ」や「これ見よがし」ではないということ。まずは、洋服と自分を調和させる術を知る。そして、実践することこそが粋なのだ。しかしながら、これが明文化されているわけではなく、ルールに則ればいいわけでもなく、ことのほか難しい。だから、クラシック道を歩み始めると奥が深く、そして面白いのである。

(注1) 「ラペル幅をいじる」
ラペルとはジャケットの下襟のこと。いじるとは幅を細くしたり、太くしたりして標準からアレンジすること。ディオールオムはラペルを細くし、ドルチェ&ガッパーナやグッチはラペルを太くする傾向にある。


(注2) 「リベラーノ&リベラーノ」
フィレンツェ屈指のテーラーであり、アントニオ・リベラーノ氏が率いる。赤峰氏とは旧知の友であり、お互いを尊敬し合い、高め合う間柄である。


(注3) 「ゴージラインやノッチ」
ゴージラインとは上襟と下襟をつなぐ縫い目の線。その高低や角度によって印象が様変わりする。ノッチとはV字形の刻み目のこと。一般的なノッチドラペルの他に下襟が長く上に向くピークドラペルやクローバーリーフラペル、フィッシュマウスラペルなど様々なデザインがある。

 


画像(180x270)・拡大画像(214x321)

マエストロの蔵書のひとつ「L'ELEGANZA MASCHILE」。イタリアンエレガンスの教科書的な本。載っているジャケットのラペルはみんな中庸な幅。クラシックは流行に左右されず、今に伝えられているのです。

画像(180x77)・拡大画像(500x216)

「THE MODERN MITCHELL SYSTEM」は、'50年代のアメリカの型紙の参考書。スーツはイギリスで生まれ、イタリアで成熟した。そして、アメリカでは両国をお手本に進化します。こうして数値化して基本を取り入れたのです。

画像(180x81)・拡大画像(500x226)

男の粋な装いをイラストで紹介する「MAN'S FASHION」。描かれているスーツやジャケットのラペルも、また中庸な幅ばかり。クロージングの基本は普遍的。そして世界で通用するのは、やっぱり王道のスタイルです。

画像(180x360)・拡大画像(300x600)

スタンダードを知っているからこそ、ラペル幅をアレンジしても自然にこなせる

マエストロ赤峰氏が着用しているのは、フレンツェに店を構えるリベラーノ&リベラーノにて誂えたブラウントロピカル地のスーツ。ラペルは赤峰氏のスーツワードロープの中では最も細く9cm。合わせている白のシャツは細番手のツイル地で、タイは平織りのマイクロハウンドトゥース柄。白のチーフは基本のTVフォールドにて。全体のハーモニーが自然に見えて、実にエレガントである。

Posted by インコントロ STAFF at 00時00分 Permalink

今月の赤峰ワードローブ [OCEANS掲載記事]

バラクータのG12

画像(180x151)・拡大画像(400x336)

ウェルドレッサーであるマエストロのこだわりは、スーツだけに留まりません。今月の秘蔵のワードロープからの蔵出しアイテムは、バラクータのG12です。ネイビーのポプリン製で、ナチュラルな味の出方がいい雰囲気。購入は約30年前、マンチェスターにて。そして、このブルゾンをきっかけにマエストロがバラクータを日本に紹介したんです。まさに歴史を物語る逸品!

Posted by インコントロ STAFF at 00時00分 Permalink

2006年02月24日(金)

OCEANS 4月号(創刊号) 連載#1 [OCEANS掲載記事]

画像(180x244)・拡大画像(400x544)

King of Elegance

マエストロ赤峰の
「これ見よがしじゃない見よがし方」



ストライプの粋と野暮


洒落る、ことの意味を、最近間違えている人が多くないだろうか。もともと洒落るとは、あっさりしたもの。控えめななかの気の利いた端正さを意味するものだったのに、いつの間にか“これ見よがし”に格好を付け、勘違いしている人をよく見かける。ストライプスーツを例にとってみても然り。ギラギラした光沢素材や、くっきり、はっきりストライプは確かに目立つ。が、「どうだ見てくれ!」と言わんばかりのスーツは野暮というもの。お世辞にもエレガントとは言えない。そこで、もう一度基本に帰ってエレガントなストライプスーツの着こなしについて、考えてみてほしい。

まず、ストライプの線は、(注1)縞が立てばいいというものじゃなく、ほど良い太さと控えめな立ち具合が、品がある。素材はギラついた光沢素材よりも、ナチュラルな光沢のある上質素材であるのが好ましい。そしてこだわってほしいのが、ネイビーの生地色。ひと口にネイビーといっても、明るさ、トーンにはいろいろあるものだ。例えば、私が今日着ているスーツ(写真下)は、(注2)英国ドーメルの生地だが、少しブラウンがかったソフトな印象のネイビーになっている。遠目にはごく当たり前のストライプのようで、間近で見たときに“ちょっと違う”ニュアンスが伝わることこそ、粋といえるんじゃないだろうか。私が(注3)英国素材に傾倒するのも、そんな“粋な味わい”を楽しみたいがゆえ。上質な素材とは何か、ということをちゃんと心得ておきたい。そして、もちろんフィッティングにもこだわって、最上のシルエットを生み出すことも本当の“洒落”のひとつ。

最後に。ストライプはクラシックスーツの基本だが、クラシックとは流行りのものじゃなく、普遍的なスタイルなのだ。そこをはき違えていると、“これ見よがし”になってしまう。もともとストライプは、地味じゃないが、派手でもない。粋に、こなすにはまず、やりすぎに注意して“地味派手”にやるのがいい。

(注1) 「縞が立つ」
ストライプがはっきりしていること。その度合い。日本の伝統的ストライプ、浴衣の縞柄を語るときにも使われる言葉。


(注2) 「英国ドーメルの生地」
1842年に創業された老舗生地メーカー。打ち込みのいい、がっしりした風合いの生地は、クラシックスーツ界では高く評価されている。


(注3) 「英国素材」
しっとりしたイタリア素材に比べ、ざっくりとしてドライな風合い。目の詰まった打ち込みのいい生地は、保形性にも優れている。

 



画像(180x246)・拡大画像(400x547)

下心がギラついた“これ見よがし”スタイル

ストライプの縞が立ちすぎた、くっきり、はっきりストライプは下品。モードっぽいナローラペルも、マエストロ的にはエレガントじゃない。それにこの目立ちすぎるピンクのタイは、なんとも品がない。モテようとして、下心をギラギラさせているのが目に見えるようだ。これ見よがしな、ギラついた派手なタイは、恥ずかしいと心得よ。チーフも、ビジネスでは折り目正しく添えたほうがエレガント。

画像(180x283)・拡大画像(400x630)

こだわれば、控えめな端正さのエレガントスタイル」

マエストロ赤峰が着ているのは、英国ドーメルの生地で仕立てたストライプスーツ。少しブラウンがかったネイビーの素材感が、なんともエレガント。ストライプの縞は、目立ちすぎないあいまいな立ち具合で、これがまた品良く見える。チーフは折り目正しいTVフォールドで、胸元にも端正さを。タイ(アイネックス提供)は小花柄で、ここにも茶が入っているので、スーツになじんでヘンに浮かない。

Posted by インコントロ STAFF at 00時00分 Permalink

今月の赤峰ワードローブ [OCEANS掲載記事]

アラン島のニットパーカ

画像(180x209)・拡大画像(400x466)

スーツを脱いだら、カジュアルスタイルもエレガントに。フィッシャーマンズセーターで知られるアラン島(アイルランド)でマエストロ自らオーダーしたニットは、フードの付いたパーカ仕立て。袖も細身に、アームホールも絞って、もっさり見えずにすっきりしたシルエットが、マエストロらしいこだわり。

Posted by インコントロ STAFF at 00時00分 Permalink

2006年02月08日(水)

OCEANS 連載スタート致します [INCONTRO NEWS]

世界で通用する「成熟」男のスタイル革命を掲げ、父から息子へ着こなしからコーディネイトまでを伝承すべくファミリー軸での提案を打ち出すOCEANS(オーシャンズ)にAKAMINEが2月24日発売の創刊号から連載をスタート致します。
第一回目のテーマは、これ見よがしじゃない見よがし方(ストライプの粋と野暮)≠ナす。どうぞご期待ください。

Posted by インコントロ STAFF at 16時24分 Permalink

2005年12月20日(火)

本社を移転しました [INCONTRO NEWS]

2005年12月16日に予定通り本社移転を完了しました。業界ご関係者様方及び移転ご関係者の皆様方におかれましては多くのご支援とご協力を賜り、この場をお借りして心より御礼を申し上げます。

新本社は旧本社と徒歩2〜3分ほどの近い距離ですが、外苑西通り沿いの緑多き環境で心機一転皆様のご期待にお応えできるよう努力してまいりたいと存じます。お近くにお越しの際は是非共お立ち寄りいただければ幸いです。一同、お待ち申し上げております。

画像(180x239)・拡大画像(280x373)

Posted by インコントロ STAFF at 10時39分 Permalink

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5

2006


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      



赤峰 幸生 (あかみね ゆきお)

● イタリア語で「出会い」の意のインコントロは、大手百貨店やセレクトショップ、海外テキスタイルメーカーなどの企業戦略やコンセプトワークのコンサルティングを行う。2007年秋冬からは『真のドレスを求めたい男たちへ』をテーマにした自作ブランド「Akamine Royal Line」の服作りを通じて質実のある真の男のダンディズムを追及。平行して、(財)ファッション人材育成機構設立メンバー、繊研新聞や朝日新聞などへの執筆活動も行う。国際的な感覚を持ちながら、日本のトラディショナルが分かるディレクター兼デザイナーとして世界を舞台に活躍。 Men’s Ex、OCEANSに連載。MONOCLE(www.monocle.com)、MONSIEUR(www.monsieur.fr)へも一部掲載中。

PHOTO

MEN'S EX 3月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.05

MEN'S EX 3月号 平成の寺子屋 赤峰幸生の上級ファッション塾 連載vol.05

MEN'S EX 11月号 菊池武夫と赤峰幸生の Be Buffalo Forever! vol.18

MEN'S EX 11月号 菊池武夫と赤峰幸生の Be Buffalo Forever! vol.18

MEN'S EX 2013年3月号 赤峰幸生の「服育のすゝめ」vol.3

MEN'S EX 2013年3月号 赤峰幸生の「服育のすゝめ」vol.3

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.