AKAMINE BLOG

メンズファッションディレクター 赤峰 幸生のBLOGです。

2013年06月05日(水)

MEN'S EX 2013年7月号 赤峰幸生の「服育のすゝめ」 vol. 7 [MEN'S EX 掲載記事]

TPO別“粋”な装い その@

『盛夏のビジネスこそスーツを愉しむ』


近年、男性のドレススタイルはカジュアル化が進み、高級レストランやレセプションパーティーでも「スマートカジュアル」などという、フォーマルなのかカジュアルなのか曖昧なドレスコードを要求されることが多くなりました。

時代の流れですので、決して憂うものではありません。しかし境界が曖昧だからこそ、基本をしっかり知っておきたいもの。場に相応しい着こなしこそ、真の洒落者が最も重要視することだからです。そこで今回からは、TPOごとの粋な装いについてお話したいと思います。

画像(109x180)・拡大画像(391x640)

TPOの正統とはグローバルな装い

今回は夏のビジネスでの装いについて。オンの心構えとして、私は「上着の胸にパスポートを持っている気分が必要」と考えます。パスポートを持つということは、いつでも海外へ飛び出せるということ。グローバルスタンダードとして、人前に出る際はジャケット・タイ着用が基本です。ラフで快適な服装もときには結構ですが、本式のドレスアップも忘れるなかれ。しかし、酷暑の中で修業のような堅苦しい服装を強いるものではありません。夏には夏のドレスアップを愉しもうという提案です。そこでおすすめしたいのは、リネンスーツのドレスアップです。

夏のビジネスマンこそリネンを着るべき

昭和の丸の内には、麻のスーツをキリッと着こなしたお洒落なビジネスマンが闊歩していました。麻はカジュアルに見られがちですが、実はきっちりドレスアップするのが本式なのです。色はベージュとネイビーが2大定番。私はスーツのポケットは両玉縁にして、皺が出やすいフラップは付けず、パンツはベルトレスで仕立てています。

ここでひとつ赤峰流のこだわりを。リネンは必ずヘビーウェイトの生地を選びます。薄手で軽いリネンは着心地も楽なのようですが、ベントがロールしてしまい、後ろ姿が美しくありませんので。

さらに、ベージュリネンスーツの装いをご提案しましょう。まずシャツは白無地。リネンスーツにはリネンシャツを合わせるのが私のセオリーです。タイはガルザのブルーストライプ。夏の海や空の色を思わせる明るいトーンとは、以前に夏の装いでもご紹介しました。チーフは麻の白をパフ挿しで。グレーのリネンホーズは日本ではなかなか手に入らないので、海外で購入しています。靴は気持ち明るい茶の表革。ちなみにネイビースーツなら黒のスリッポンも良いでしょう。

コットンは日本製が良質ですが、リネンはやはりヨーロッパ。スラブ糸が少ないベルギーリネンがドレス向きです。以前、アイリッシュリネンの最高峰といわれるスペンス・ブライソンの本社を訪れたことがありますが、倉庫には極上のモイガシェルが大量に眠っていました。是非復刻したいと申し出たのですが、生産環境の変化によって、もう当時の糸を引くことはできないそうです。

Posted by インコントロ STAFF at 14時23分 Permalink

2013年05月27日(月)

Good Morning Akamine [Weekly Akamine]

皐月第四週(21/52週)

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年5月20日(月) 丙戌

【バンカーズストライプのポーラスーツ】

Poral Suit of Bankers' Stripe

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年5月21日(火) 丁亥

【アイリッシュリネンの6ボタン カーキスーツ】

6 Button Suit of Khaki Irish Linen

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年5月22日(水) 戊子

【アイリッシュリネンのジャケット】

Irish Linen Jacket

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年5月23日(木) 己丑

【ホワイトスタイル】

White Style

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年5月24日(金) 庚寅

【バンカーズストライプ グレイのトロピカルスーツ】

Grey Tropical Suit, Bankers' Stripe


Posted by インコントロ STAFF at 14時02分 Permalink

朝日新聞be on Saturday " 赤峰幸生の男の流儀 『緩みがちな時代に』 2013年5月25日(土)掲載" [朝日新聞掲載記事]

画像(180x156)・拡大画像(640x556)

イラスト・YAB

 再び「クールビズ」の季節がやって来ました。提唱者である自民党政権に戻ったこの夏は、ますます服装の簡略化が進むのでしょうか? 地球環境を大切にするという理念はもっともなのですが、これ以上、日本の男たちはだらしなくなってはいけないと私は思っています。

 日本人の価値観の軸には古来、「規律」があり、職場での服装には、規律を守る役割があります。まずは「タイドアップ」、これが基本のキです。

どこかで自分の気持ちを引き締める服装でなければ会う人の印象を損ねることもあり、ゆくゆくは自分の不利益につながるようにも思います。はやりの「加圧トレーニング」ではありませんが、自分に「圧」をかけなければ底なしに緩んでいってしまいませんか。

 また、リラックスを求める風潮から、ニット(編み物)がブームになっていますが、これにも懐疑的な態度を失わないで頂きたい。ニットは確かに心地よいのですが、いずれ緩みます。伸びきった時に無様です。

張りのある織物で作られた布帛のシャツを大切にして頂きたい。春夏にこそ最高に気持ちがいい素材はたくさんあります。特に糸のヨリの強いポイル地や麻はイチ押しです。

 昨年は「クールビズ商戦」で多くのアパレルが不振でした。多くの消費者が、「公の場」を考えた証でしょうか。スーツを着ない時代に向かっているからこそ、キリリと自分を引き締めていくのが粋ですね!


============================================
※朝日新聞社に無断で転載することを禁止します。

Posted by インコントロ STAFF at 09時38分 Permalink

2013年05月21日(火)

Good Morning Akamine [Weekly Akamine]

皐月第三週(20/52週)

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年5月14日(火) 庚辰

【シングルブレスト・ピークドラペル・ヘビーウェイトリネンジャケット】

Single-Breasted Jacket with Peaked Lapel, Heavy-Weighted Linen

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年5月15日(水) 辛巳

【パルスタリーノにタイを合わせて】

Valstarino with Tie

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年5月16日(木) 壬午

【ARLスーツ、100%キッドモヘアのロイヤルブルー】

ARL Suit of 100% Kid Mohair, Royal Blue

Posted by インコントロ STAFF at 15時26分 Permalink

2013年05月16日(木)

Good Morning Akamine [Weekly Akamine]

皐月第弐週(19/52週)

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年5月7日(火) 癸酉

【リネンのヘリンボーンジャケット】

Linen Jacket of Herringbone

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年5月8日(水) 甲戌

【Akamine Royal Line トニックの6つボタンスーツ】

Six-Button Suit of Akamine Royal Line

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年5月9日(木) 乙亥

【アイリッシュリネンの6つボタンスーツ】

Six-Button Suit of Irish Linen

画像(119x180)・拡大画像(265x400)

2013年5月10日(金) 丙子

【バンカーズストライプの6つボタンスーツ】

Six-Button Suit of Bankers' Stripe

Posted by インコントロ STAFF at 10時52分 Permalink

2013年05月14日(火)

朝日新聞be on Saturday "『赤峰幸生の男の流儀 『流行の源流を訪ねて』 2013年5月11日(土)掲載" [朝日新聞掲載記事]

 「ファッションの流行は、いったいどこから生まれてくるのか」と不思議に思ったことはありませんか? もちろん、各地のデザイナーが新しい服を作るわけですが、実は材料を調達する生地の展示会こそがトレンドの源流と言えるでしょう。

 特に欧州では服地メーカーが潮流を踏まえて各自のコレクションを発表し、トレンドを支配しています。年に2回、パリ郊外で開かれる「プルミエール・ビジョン」は代表的な国際見本市。日本ではアパレル企業がメーカーに生地を特注することがありますが、海外ではメーカーが主導的立場のようです。

 私のように、服を作って生きている者にとって、展示会は真剣勝負の場。パリでも朝は奮発してタクシーで会場入りし、車中では目を閉じて集中力を高めます。700社以上がブースを連ねる広い会場を歩き回って、次々に指で生地の感触を確かめていきます。はさみを持参して、「これは」と思う生地は分けてもらうようにしています。

 ここのところ、服地の大潮流は「クラシック」です。目詰まり感のある、しっかりとした素材が重要視され、チェックや千鳥格子など、伝統的な柄が人気になっています。ただ、こうした伝統的なものをそのまま出すだけではなく、モダンなしつらえを各社が競います。

 例えば重いツイードを軽く、春夏向けにもアレンジしてしまう。最近では「だまし絵」のような商品も目に付くようになりました。普通なら織りで表現する柄を、プリント加工にしてしまうのです。現代的な着心地と低価格を兼ね備えた素材です。

画像(180x153)・拡大画像(640x547)

イラスト・YAB

 私が目指す「クラシックの追求」とは違う方向ですが、新しいものがなければファッションは面白くない。新発見が生地展を訪ねる楽しみでもあります。

============================================

*朝日新聞社に無断で転載することを禁止します。

Posted by インコントロ STAFF at 10時24分 Permalink

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

6

2013


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            



赤峰 幸生 (あかみね ゆきお)

● イタリア語で「出会い」の意のインコントロは、大手百貨店やセレクトショップ、海外テキスタイルメーカーなどの企業戦略やコンセプトワークのコンサルティングを行う。2007年秋冬からは『真のドレスを求めたい男たちへ』をテーマにした自作ブランド「Akamine Royal Line」の服作りを通じて質実のある真の男のダンディズムを追及。平行して、(財)ファッション人材育成機構設立メンバー、繊研新聞や朝日新聞などへの執筆活動も行う。国際的な感覚を持ちながら、日本のトラディショナルが分かるディレクター兼デザイナーとして世界を舞台に活躍。 Men’s Ex、OCEANSに連載。MONOCLE(www.monocle.com)、MONSIEUR(www.monsieur.fr)へも一部掲載中。

PHOTO

Akamine Royal Line

Akamine Royal Line

メンズプレシャス2016年冬号が発売されました

メンズプレシャス2016年冬号が発売されました

2012SS ORDER会ご案内

2012SS ORDER会ご案内

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

リンク集

RSS1.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2005 INCONTRO Co.,Ltd. All rights reserved.